最短で上達!ゴルフ練習場で効率良く練習する3つのポイント!

getty

最短で上達!ゴルフ練習場で効率良く練習する3つのポイント!

お気に入り

こんにちは! メアリーです♪

みなさん、なんとなーく練習場に行き、なんとなーく打ちっぱなしをしていませんか?(笑)

私もこれまで何も考えずに練習をして満足していたのですが、せっかく行くなら少しでも成長して帰りたいですよね!

私がこれまで受けてきたレッスンや、本で読んだことを実践し、やって良かった! と思えたことを3つご紹介します♪

目的を決めよう!

目的を決めよう!

getty

目的を決めること、これが一番大事と言っても過言ではありません!

「いやいや、ゴルフが上手くなることが目的に決まってるじゃん」と思われるかもしれないですが、そうではないんです(笑)。

直したいポイントは誰しもたくさんあると思うのですが、そのうち一つだけ選んで、練習中はずっとそこを意識して振り続けるようにしましょう!

例えば、スエ―を直したい人は「今日の練習中は、右膝を曲げて、ヒザの向きを変えずにバックスイングすることを意識し続けるぞ!」といった感じです。

スエ―を直すドリルは、足の向き、股関節の使い方、体重移動の仕方等々たくさんありますが、あれもこれも取り入れようとすると、ごちゃごちゃになります。

なので、一つだけに絞ることが大切です。

意識していても気がついたら忘れてしまっているものなので、その時は「今日の目的なんだったっけ?」と思い返して、また意識し直すようにしましょう♪

二階で打つ? 一階で打つ?

二階で打つ? 一階で打つ?

getty

みなさん、一階か二階かなんとなーく決めていませんか?

一つ目のポイントでもお伝えした通り、目的に合わせて一階か二階か決めることをおすすめします♪

アプローチの練習や、飛距離の確認をしたいのであれば、一階にしましょう!

ゴルフ場はボール回収のために若干上り坂に作っていますが、二階からの打ち下ろしに比べると、実際のゴルフ場に近い飛距離を見ることができます。

ショットの練習をメインにし、スイング作りを目的とするのであれば、二階がおすすめです!

一階では、見える視界が上り坂になっているため、ボールを上げようという意識が働き、知らず知らずのうちに右肩下がりのスイングになってしまうためです。

二階からは打ち下ろしになるため、すくい上げるようなスイングにはなりにくいです♪

打席は右側? 左側? 真ん中?

打席は右側? 左側? 真ん中?

getty

練習場が混んでいる場合は選択の余地がないかもしれませんが、空いている場合は打席の位置を選ぶようにしましょう♪

まず、スライス矯正をしたい方は左側の打席にしましょう!

理由は自分のボールの軌道が最後まで確認でき、どのくらい矯正されているか分かりやすいからです。

また、右側だと「ネットに当てないようにしよう」という意識が働き、自然とボールを左に引っ張る打ち方になってしまい、アウトサイドインのカット打ちになってしまいます。

逆にフッカーの方は同じ理由で右側の打席にすることをおすすめします!

そして、どの打席を選んだとしても、方向確認を忘れないようにしてくださいね!

打席が向いている方向を確認し、自分の打席から見てどこが真っすぐなのか理解した上で練習を始めましょう!

お気に入り
メアリー

はじめまして! メアリーです。 20代、30代のゴルファー、女性ゴルファーを増やしたい!と思い、この度Gridgeにてライターデビューさせて頂くことになりました! これからたくさん更新して、ゴルフの魅力を伝えていきたいと思いますので、皆さん宜しくお願い致します♪

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人