新・貧打爆裂レポート『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』

新・貧打爆裂レポート『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』

お気に入り

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年9月6日発売のピン『GLIDE(グライド)3.0 ウェッジ WS』です。

いつものようにコースに持ち込んで打ってきました。

ピンが気合いを入れまくっている『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』の秘密は? 動画も含めて試打レポートします。

機能満載の王道のウェッジ!

機能満載の王道のウェッジ!

『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』は、2019年9月6日に発売です。

ピンが、かなり気合いを入れて作ったウェッジであることは4つのソールタイプがあることと、そのうちの一つが伝説の「EYE2 ウェッジ」の復刻版みたいになっていることでも明らかです。

4つの種類の中で、最も一般向けだと説明されているのが『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』、つまり、ワイドソールなのです。

ワイドソールは、2019年時点で、ウェッジのソールのトレンドです。

抜けと跳ねのバランスさえ整えば、ソールは厚いほうがウェッジの基本性能が高くなるからです。

個人的にも、「WS」が最も気に入っていたので、ラウンドしてみました。

改めて、『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』をじっくりと観察します。

最初にわかるのは、つや消しの表面加工です。ピンのアイアンは、基本的にサンドブラストされていますが、この質感が良いです。

バッグから選んだ番手を抜くときに、ヘッドを触りますが、この手触りが独特の優しさがあって、良いのです。

この加工の巧みさだけで、ピンのアイアンにしても良いかなぁ、と考えてしまうほどです。

そして、構えた感じは、オーソドックスです。丸形とティアドロップの中間というか、良いとこ取りというか、良い感じです。クセがないのです。

ソールはお見事です。ワイドソールですが、ただワイドなだけではなく、不要な部分は削って落としてあります。

これが、打つ前からわかるぐらい巧みなんです。

開いて構えても、邪魔にならないようになっていて、ハンドレイトに構えるときのバウンスの効きも計算されています。

試打したクラブは、ロフト58度、シャフトは「N.S.PRO 950GH neo」のSフレックスです。

ツアーでも通じる性能を持ったウェッジ!

動画を見てください。

『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』は、打音が良いのです。

ウェッジは打音が命というこだわりがあるゴルファーがいますが、とにかく、ビックリするほど打音が良いです。

音質はいわゆるアイアンの音として理想的で、美しい高音です。そして、音量が良いのです。強く打てば大きく、弱く打てば小さく。このバランスが良いのです。

バックフェースがキャビィティ構造になると、多くの場合で、打音と打ち応えにギャップが生まれるものです。

『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』は、キャビィティ構造なのですけど、こんなに打音が良いウェッジは初めてでした。

『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』で気になる最初のチェックポイントは、フルショットでの飛距離です。

ワイドソールのウェッジは、アプローチを優先して、フルショットで飛距離がばらついてしまうクラブがあるからです。

『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』は、フルショットでワイドソールを感じることはありません。しっかりと距離も打てますし、ボールをコントロールもできます。

続いてアプローチですが、ボールが少し上がりやすいという特徴があります。

これは、ダフったときでもボールをそこそこの所まで飛ばすというワイドソールの機能の一つと連動していると思いました。

低めのボールを打とうとして、失敗すれば、ソールが救ってくれるとはいってもギャップは大きくなりますが、高めのボールで狙っていれば、ギャップは小さくて済むのです。

『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』は、フルショットでも、アプローチでも、バカみたいなバックスピンはかかりません。その場で止まるのが目的というような感じで、適切なスピン量です。

これこそがツアーの現場のリクエストで作られたウェッジの証です。

『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』は、ツアー系のウェッジが欲しいけど、ダフるミスが出やすいからなぁ、と悩んでいるゴルファーにオススメです。

また、高い球を基準にしてアプローチをするゴルファーにもオススメします。

ある意味で、王道のウェッジの中では、間違いなくやさしいウェッジになります。ダフりに強いので、バンカーショットなどでも使いやすいウェッジです。

ツアー系のウェッジは、ワイドソールでも敏感なクラブがたくさんあります。

『GLIDE 3.0 ウェッジ WS』は、敏感な部分もありますが、基本的にはオートマチックに同じボールを打ってもらうための工夫に溢れています。

使いやすいツアー系のウェッジとして、やさしくゴルフをしたいゴルファーにオススメしたいと思います。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人