中学時代の友人が突然来店しました(その2)

getty

中学時代の友人が突然来店しました(その2)

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、2ヵ月ほど前に来店した中学時代の友人から電話があった話です。

月例で優勝した

月例で優勝した

getty

中学時代の友達〇井がビッグキャリーゴルフショップに訪ねて来てくれましたが、名刺も置かずに帰りました。

2ヵ月後くらいに〇井から電話があり、アイアンを作りたいので相談に乗ってくれとの電話でした。

なぜアイアンを作る気になったのか、聞いたところ「月例で優勝した」とのこと。

前回来店した時に、「遠いのでレッスンにはなかなか来れない」と言うので、それなら「俺の書いた『スマートなゴルフスイング』という本を買え」と言ったところ、分かったと言っていましたが、すぐに買って2度ほど読んだそうです。

〇井が前回月例で優勝したのは、千葉の名門コースに入会した直後に優勝して以来で、5年振りだそうです。

前回優勝してハンデが18になったのが、それ以来停滞して直近までハンデ20だったそうですが、今回優勝してハンデが14になったのだそうです。

シングルプレイヤーを目指す

シングルプレイヤーを目指す

getty

名門コースは、レイアウトやコースの距離もしっかりしていますので、総合的な技術力がないと対応できません。

そんな技術力の足りなさを感じている時に、私の本を読んで大変刺激になったようです。

〇井「河野に入門すればシングルになれるかな?」

私「〇井のポテンシャルがあればなれるよ」

〇井「月に2回くらいなら通えそうなので入門するよ」

ということで入門してもらうことになりました。

千葉の名門コースのメンバーという恵まれた環境にいるのですから、ぜひシングルプレイヤーになってほしいと思います。

ゴルフは難しい

ゴルフは難しい

getty

ゴルフは、難しスポーツです。

以前知り合った方に、一流大学を出て自分一代で100人規模の会社を興し、大体欲しいものは手に入れたけど、ゴルフだけは上手くなれないとこぼしていた人がいました。

その時私は、この方は「自分に自信があり何でも自分で解決できる」と思っていて、実際にすべてを成功させて来たので、自分が正しいと思うスイング理論(それが正しいか疑問ですが)が確立されていて、他の考え方を受け入れられなくなってしまっているのかな? と思いました。

〇井も私と同じ頃にゴルフを始め、中学時代の成績は同じような物で体力は〇井のほうがあります。

ゴルフに関しては多分、私のほうがいろいろな理論にチャレンジしたのだと思います。

その結果、〇井より深く理解できたのだと思います。

それらはすべて「好きこそ物の上手なれ」だと思います。

〇井とラウンドレッスンの約束もしましたので、そのことも書いてみたいと思います。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH