中学時代の友人が突然来店しました(その1)

getty

中学時代の友人が突然来店しました(その1)

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、中学2年の時の同じクラスの友人が、ビッグキャリーゴルフショップに来店してくれたお話です。

友人は、成功した人生を送っているようで、安心しました。

ベンツで来店のお客様

ベンツで来店のお客様

getty

6月の初め頃、生徒様のレッスンが終わり、お店で雑談をしていますと、店の駐車場にベンツが入って来ました。   

見たことのないベンツなので、新しいお客様と察せられます。

そのお客様が、店のガラス戸を開け入って来ましたが、マスクをしていました。

中学2年の時同じクラス

中学2年の時同じクラス

getty

私「どんなご用件でしょうか?」

お客様「マスクを取れば分かります」と言ってマスクを取りました。

私「〇井!?」

お客様「そう」

君(くん)付けもしないほど、親しくしていた中学2年の時の友人です。

〇井と私は、隣の席で、気が合い良く一緒に遊びました。家にも何度か遊びに行きました。

しかし、中学卒業以来二度ほどゴルフ場ですれ違って以来、30年振りの再開で、しかも話をするのは、45年振りくらいです。

私「ここ(ビッグキャリーゴルフショップ)を誰に聞いたの?」

〇井「中学の同窓会で聞いた」

私「もう定年なのに(64歳)ベンツに乗れるなんていい暮らししてるね。何屋さん?」

〇井「不動産関係」

私「なるほどね。自営?」

〇井「会社勤め」

私「会社勤めでベンツに乗れるなら相当出世したんだね」

〇井「まあまあだよ」

私「ゴルフはハンデいくつなの?」

〇井「ハンデ20」

中学時代と変わらず、ぶっきら棒な答え方です。

私「どこのメンバーなの?」

〇井「〇〇カントリークラブ」(千葉の名門です)

私「ますます大したものだね!」

〇井「中学の同級会でビッグキャリーゴルフショップのことを聞いて、ネットで調べたら河野の『ハンデ14からハンデ0までの軌跡』と言うブログを読んでいたら会いたくなってさ」

私「それは、うれしいね」

良くあるスイングです

良くあるスイングです

getty

他のお客様もいるので、お客様のほうを見てみると、「どうぞお先に」と言っていただけたので……。

私「〇井スイング見ようか?」

〇井「いいの?」

私「いいよ」

試打室にて〇井のスイング動画を撮りました。

私「悪いところを言うよ。・シャフトクロス ・頭の上下動 ・インパクトのつまり感 ・アウトサイドイン ・左肘の引け。いいところは、並みよりパワフルなところ。俺のところに入門すれば、すべて治るよ」

〇井「遠いから、そんなに来れないよ」

私「それなら俺の本を買って読めよ」

〇井「何という本を買えばいい?」

私「『スマートなゴルフスイング』が良いよ。

〇井「分かった」

そう言うと、名刺も置かずに帰ってしまいました。 

それから2ヵ月後に〇井から電話がありました。

電話の内容は次回にさせていただきます。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH