新・貧打爆裂レポート『NEW SUPER egg ボールとフェアウェイウッド』

新・貧打爆裂レポート『NEW SUPER egg ボールとフェアウェイウッド』

お気に入り

今回の貧打爆裂レポートは、2019年7月19日に発売されたプロギア『NEW SUPER egg ボールとフェアウェイウッド』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。

非公認の飛距離の実態を明らかにします。動画も含めて試打レポートします。

スプーンと同じ飛距離が出る5番ウッド!

スプーンと同じ飛距離が出る5番ウッド!

プロギア『NEW SUPER egg フェアウェイウッド』のほうから紹介します。

試打したのは、ロフト角17度の5番ウッドです。他に15度の3番ウッドもラインアップされています。

カップフェース構造で、高反発違反になる数値まで反発するように作ったそうです。

構えてみると、大きく見えるシェイプで安心感があります。薄めのヘッドですが、それが強調されてはいません。違和感なく、スッとアドレスできます。

打ってみると、最初に驚くのは、打音です。

きれいな高音で、音量も大きめです。フェースの高反発で、初速が速くなった気がします。

ティーアップすると高弾道になりますが、芝生の上から打つと、想像していたよりも打ち出しから高いボールになるわけではありません。

伸びのある棒球というと矛盾しますが、伸びのある弾道で、ボールがなかなか落ちてこない感じなのです。

楽々200ヤードを少し超えたところに着弾しました。

『NEW SUPER egg フェアウェイウッド』は、かなり飛ぶスプーンと同じぐらい5番ウッドで飛ばすことができます。

個人的に好感触だったのは、振っても、軽くドローをする程度で左に強いボールが行くことがなかったことです。

また、右に抜けるようなボールも出ません。

つまりは、真っすぐ飛んでいきやすいフェアウェイウッドなのです。

スプーンは苦手だけど、フェアウェイウッドで飛距離がほしいと願っているゴルファーにオススメです。

ルール適合クラブではないので、使用する場合は、十分に周囲の理解を得てからにしましょう。

プロギアは、フェアウェイウッドを作るのが上手です。単純にやさしくて、良いフェアウェイウッドだと思いました。

楽々と打てて、かつ飛距離がしっかりと出る『NEW SUPER egg フェアウェイウッド』は頼もしいです。

ラウンドしながら、3番ウッドも打ってみたいと思いました。そう思わせるほど面白いクラブでした。

2ピースボールでも飛ぶのか? 2ピースだから飛ぶのか?

動画を見てください。

『NEW SUPER egg ボール』も、非公認球です。

高反発の『NEW SUPER egg 480 ドライバー』と『NEW SUPER egg フェアウェイウッド』とセットで使ってみました。

結論から書きますが、2ピースということで、少し打ち応えは硬めに感じました。そして、打音の音量も大きく、懐かしさを感じました。

昭和の頃には、こういう感触のボールはたくさんありました。ゴルフ歴が長いシニアゴルファーには、昔取った杵柄的なボールとして重宝する可能性を感じました。

もちろん、飛びます。初速が上がっているという印象より、適度な浮力とのバランスの良さを感じました。

『NEW SUPER egg ボール』は、飛ばすことに特化したボールだと考えて、他の部分では期待していませんでしたが、動画でプレーしている様子がわかると思いますが、飛距離以外の要素も十分でした。

ツアーボールのようなレベルで性能比較するのは邪道です。

ただ、普通にラウンドするのであれば、飛ぶだけではなく、コントロールして、乗せて、寄せて、入れるという最低限の性能はクリアしています。

よくよく考えてみれば、2ピースボールのテクノロジーは、過去の蓄積があるのです。

熟成したテクノロジーで、2ピースならではの完成されたボールを作ることは、そんなに難しくないのかもしれません。

『NEW SUPER egg ボール』は、面白いボールです。

2ピースだから飛ぶ、と感じました。

令和の新元号の元で、忘れていた2ピースの復活というだけでも楽しくなります。

そうなってくると、『NEW SUPER egg ボール』が、非公認球であることが、少し残念です。

『NEW SUPER egg』のクラブのために生まれたボールかもしれません。

クラブを使用しているゴルファーは、2ピースだから劣っていると決めつけずに、このボールを使ってみてほしいです。飛ぶことは間違いありません。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH