ロングホールは、2打目が最も大事です!〜スコアを崩さないために!

お気に入り

アマチュアゴルファーにとって、ロングホール(パー5)は、パーが取れる可能性の高いホールの一つです。

しかし、同時にダボ(ダブルボギー)以上も出やすいホールでもあります。

これには、理由があります。今回は、スコアを崩しやすいロングホールで、そのポイントとなる2打目にスポットを当てて考えてみましょう!

ロングホールを考えてみると……

ロングホールを考えてみると……

getty

レギュラーティーでの、ロングホールの距離は、約500ヤード程度でしょう。

ドライバーが200ヤード程度飛べば、残りの距離は約300ヤードで、2打目を170〜180ヤード程度飛ばすことができれば、残り距離は120〜130ヤードになります。

500ヤードを切るロングホールなら、100ヤードを切る3打目になることも少なくありません。

この距離なら、乗る確率も高くなるでしょう!

なぜ、ロングホールの2打目が大事なのか?

なぜ、ロングホールの2打目が大事なのか?

getty

ところが、ロングホールの2打目で、チョロやトップのミスで距離が出なかったら、
200ヤード弱の3打目が残ることになってしまいます。

この距離は、なかなか乗りません。

例えば、短いロングホールの2打目でミスをして、150ヤードの距離が残ったとしましょう。

150ヤードなら乗ると思うかもしれませんが、これがそう簡単にはいかないんです。

そもそも、2打目をそこそこの当たりで、残り100ヤード以内と考えていたのに、ミスをして150ヤードも残ってしまった!

ミドルホール(パー4)の2打目で残り150ヤードなら、気持ちも入っていますので、乗る確率も高くなります。

しかし、思いもかけずに残してしまった、ロングホールの3打目の150ヤードは、結構なプレッシャーがかかります!

ですから、ロングホールの2打目は、確実なショットで、残り距離を短くしておく必要があるのです!

失敗しないために、長いクラブをあえて封印して、確実なクラブを選択することも大事だ!

失敗しないために、長いクラブをあえて封印して、確実なクラブを選択することも大事だ!

getty

ロングホールの2打目というと、飛ばしたいために、普段使わない3番ウッドをチョイスすることがあるでしょう。

しかし、ミート率を考えれば、少しぐらい短いクラブでも距離はあまり変わりません。

普段使い慣れているユーティリティなどで、確実に刻むことを考えるべきです!

ライを考えたら、アイアンでの2打目もあるでしょう!

最初から150ヤード残ると思って3打目にその距離を残すのと、ミスして150ヤード残すというのは、まったく意味が違うのです!

仮に2打目を失敗したら、4オンで寄せワンかボギー死守に切り替える!

仮に2打目を失敗したら、4オンで寄せワンかボギー死守に切り替える!

getty

さて、2打目を失敗してしまったとしたら、ここは無理に3オンでグリーンを狙わずに、4オンに切り替えましょう!

得意な距離の4打目を残す勇気も必要です。

できるだけグリーンに近づけようとして、中途半端な距離が残り、失敗するリスクも考えましょう。

ウェッジの得意な距離が残ってくれれば、それがピンそばに付いてパーもあるかもしれません!

パーを計算したロングホールで、ダボを叩くと、スコアも気持ちも取り返しがつかなくなります!

お気に入り
PAR RUSH 01

サラリーマンゴルファーの「Par Rush」です。 ゴルフは何年やっても、上手くいかないことが多い! それを克服しようと、考えて練習する、でもまた上手くいかない!また、考えて練習する、これの繰り返しです、だから飽きないんです! 数多いラウンドの中から得たこと、おもしろいネタをお伝えしていきます。 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。サークルメンバーの特製ネームタッグです。 https://parrush.hatenablog.com/

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。