パッティングこそ手打ちはNG!体幹でパターを振る感覚を持っていますか?

getty

パッティングこそ手打ちはNG!体幹でパターを振る感覚を持っていますか?

お気に入り

ショット前の素振りで力んでスイングする人は、ほとんどいませんよね。

ましてや、パッティングの素振りで力む人は皆無でしょう。

それなのに、いざボールを打つとなると、右手の指が力んでしまい、パンチを入れてしまうアマチュアゴルファーって多いですよね。

手ではなく、胸、お腹、背筋でストロークする

手ではなく、胸、お腹、背筋でストロークする

getty

パンチが入れば、当然結果はいわゆるノーカンの引っ掛け、大オーバーということになります。

かくもゴルファーにとって、ボールを打つという行為には、大きな力を伝えなくてはと思うもののようです。

これを防止するには、手で打つという意識を捨てて、胸、お腹、背筋を使ってストロークすることを考えることです。

つまり、体幹を右、左とねじるように動かせば、パターヘッドは正確に真っすぐ引いて、真っすぐ出すように振られることになります。

アマチュアは素振りでボールを感じていない

アマチュアは素振りでボールを感じていない

getty

ただし、アマチュアゴルファーは素振りで「インパクトは通過点」として何も感じていません。

軽く素振りをしているというより、ただの空振りをしているのです。

だから、いざボールを目の前にした途端、せっかく素振りでリハーサルしたことと同じストロークができなくなり、本番でパンチが入ってしまい、ミスパットという結果になるのです。

手でボールの重さを感じる

手でボールの重さを感じる

getty

プロゴルファーは素振りでも、ボールを打った抵抗を感じています。

まるで、そこにボールがあるかのようにイメージして、体幹でパターを振りながら、手でボールの重さを感じているのです。

だから、素振り自体にも重い雰囲気を漂わせているのです。

そして、実際にボールを打つときも、リハーサル通りストロークできるのです。

まずは、実際にボールを打ったときの手応え、“重さ”を想像しながら素振りをしてみるようにしましょう。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA