女子トーナメントのホールアベレージと、実際プレーしたホール難易度の違いを実感!〜“新ラウンド日記”第13回

getty

女子トーナメントのホールアベレージと、実際プレーしたホール難易度の違いを実感!〜“新ラウンド日記”第13回

お気に入り

令和改元後初の女子トーナメントとなった、「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」を開催した、「浜野ゴルフクラブ」をラウンドしました。

一般的には、コースのホールハンディキャップ(HD)で各ホールの難しさを考えますが、今回はトーナメントでのホールアベレージを基に、女子プロのホールアベレージの数値と、実際に私がプレーして感じた、各ホールの難しさの感覚についてお伝えします。

各ホールアベレージはこのようになっていました!

各ホールアベレージはこのようになっていました!

写真は、LPGAが発表しているトーナメントサマリーの、3日間トータルのホールアベレージ表です。

※LPGAトーナメント・ホールサマリーより引用

これを見ると、ホールアべレージが高い順位(難度の高い順番)は次のようになります。

1位 10番パー4
2位 15番パー4
3位 13番パー3
4位 14番パー4
5位 16番パー4



と、難しいホールがインコースに集中しています。

一方、ホールアベレージの低い順位(難度の低い順位)は次のようになります。

1位 18番パー5
2位  6番パー5
3位  8番パー5
4位 12番パー5
5位  5番パー3

と、ロングホールが続きますので、ロングホールはバーディーを奪取しなければならないホールということがわかります。

ゴルフ場ホールハンディ(HD)とトーナメントホールアベレージの違い!

ゴルフ場ホールハンディ(HD)とトーナメントホールアベレージの違い!

今回の「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」の距離設定は、アウト3229ヤード、イン3337ヤード、トータル6566ヤードでした。

一方、通常のレギュラーティーでは、アウト3201ヤード、イン3197ヤード、トータル6398ヤードで、168ヤード短くなっています。

バックティーが6855ヤードでしたので、ちょうどレギュラーティーとバックティーの中間位の距離設定だったと思います。

現在活躍中の若手黄金世代の女子プロは飛距離も出ますので、少しぐらい長いミドルホール(パー4)でも、アイアンでパーオンできます。

この点で、アマチュアとの差は大きいと思います。

具体的に、HDとトーナメントホールアベレージを比較してみると、相当な違いがあることがわかります。

まず、女子プロがバーディー奪取をして、ホールアベレージの低かったロングホールは、18番……HD12、6番……HD1、8番……HD11、12番……HD16となっており、特に6番のロングホールはHD1と、アマチュアにとっては最も難しいホールHDです!

また、トーナメントホールアベレージで最も難しいホールだった10番ミドルホールは、ホールHDが10と、それほど難しいホールにはなっていません。

プレーして、最も難しいと感じたホールは?

プレーして、最も難しいと感じたホールは?

トーナメントアベレージで4.1784と2番目に難しいホールだったのが、15番・ミドルホールです。

レギュラーティーからは353ヤードですが、トーナメントでは428ヤードでした。

このホールは、フェアウェイの左にバンカーがあり、フェアウェイはやや右ドッグレッグです。

バンカーを越えると傾斜で下りますが、グリーンが左で、グリーンまで左側はOBの林がずっと続いています。

手前にはバンカーが口を開けており、逃げ場がありません。

ホールHD2というのが、納得できるホールです。

レギュラーティーからは距離はありませんが、一歩間違うと大叩きもある難関ホールだと思います。

一方で、比較的やさしい感じたホールは?

一方で、比較的やさしい感じたホールは?

アウトの9番ショートホール(パー3)と、インの16番ミドルホールはそれ程難しいホールではないと感じました。

9番ショートホールは、距離が186ヤードと比較的長く、まずこの距離のプレッシャーがあります。

さらに、グリーンを囲んでいるバンカーが攻めを難しくしています! しかし、手前の花道狙いなら、アマチュアにもチャンスはあると思います。

一方、16番のミドルホールは、353ヤード。

左の池のプレッシャーはありますが、フェアウェイにティーショットを置くことは、プロの腕なら問題ないでしょう。

ただし、問題は2打目で、やや打ち上げでグリーン面が見えず、手前には大きなバンカーがあり、グリーンの傾斜も強いので、ピン位置によっては乗っても安心できません。

この2打目の難しさが、プロの試合でもバーディーとボギーがほぼ同数という結果になったと思います。

飛距離もショットの正確性もまったく違うが、女子プロのアベレージが悪かったホールをどのように攻略したか?

飛距離もショットの正確性もまったく違うが、女子プロのアベレージが悪かったホールをどのように攻略したか?

トーナメントで一番ホールアベレージが高かった(難しかった)ホールは、10番・ミドルホールです。

このミドルホールは、レギュラーティーからでも404ヤードと距離がありました。

とても難しいホールと判断して、3オンでOKということで、2打目を無理せずという考えでプレーしました。

しかし、2打目で長いユーティリティを持って花道狙いという欲が力みにつながり、ミスショットでダボになってしまいました。

このホールは、パーオン率が40%と低く、バーディーが15個しか出ていない一方、ボギーが65個も出ている難関ホールだったので、徹底的にアイアンでレイアップすべきでした!

結果は、攻略失敗でした!

お気に入り
PAR RUSH 01

サラリーマンゴルファーの「Par Rush」です。 ゴルフは何年やっても、上手くいかないことが多い! それを克服しようと、考えて練習する、でもまた上手くいかない!また、考えて練習する、これの繰り返しです、だから飽きないんです! 数多いラウンドの中から得たこと、おもしろいネタをお伝えしていきます。 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。サークルメンバーの特製ネームタッグです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH