飛距離がないからパーオンできない?そんなときはボギーオンに徹しよう!

getty

飛距離がないからパーオンできない?そんなときはボギーオンに徹しよう!

お気に入り

こんにちは、ライターの亜月です。

わたしは昔よりは飛距離が出るようになりましたが、それでも、少し長いミドルホール(パー4)などは、パーオン自体ができません。

なんとか飛距離を伸ばそうと、練習場でブンブンクラブを振っていました。

けれど、考え方を変えてみました。

パーオンでなく、ボギーオンで良いのです。

パーオン率が上がればパーを取れる確率も上がる

パーオン率が上がればパーを取れる確率も上がる

getty

パーオンとは、各ホールの規定の打数(パー)から、2を引いた数でグリーンに乗ることです。

パー4のミドルホールなら2打でパーオン、パー5のロングホールなら、3打でパーオンです。

この打数でグリーンに乗れば、パットを2打で入れればパーとなりますので、パットの1打目をすごく気楽に打てる可能性が出てきます。

1打で寄せて2打で沈めて、ということができますので、パーがとても取りやすくなり、パーの確率が上がってくるのです。

オールボギーで90点

オールボギーで90点

getty

パーオンがスコアメイクしやすいのは分かっていただけたと思います。

では、ボギーオンではどうでしょう?

ボギーオンすれば、2パットでもボギーですよね。

すべてのホールをボギーで回ったとしたら、なんと90点です!

飛距離が出ない、パーオンできないと苦戦しながら100切り選手権をひとりで開催している方でも、ボギーオンを基本に考えれば、たとえ数ホールで叩いたとしても、なんとか90台で収まると思います。

まず安定したスコアを出すために、パーオンではなく、ボギーオンを狙いましょう。

アプローチとパターを鍛えてボギーオンワンパットを狙う!

アプローチとパターを鍛えてボギーオンワンパットを狙う!

getty

ボギーオンをすることで、ボギーを取りやすくなります。

そこで今度は、3打目のアプローチで、ピンそばまで寄せることができればどうでしょう?

パターを1打で入れれば、そこでパーが拾えます。

ボギーオンをし続けて、1つでもパーに収めれば、それだけで80台です。

なんだかゴルフが簡単に思えてきませんか?

それには、少しでもカップの近くにボールを寄せられるよう、アプローチを鍛えることと、パターを寄せる、あるいは入れることもできるよう、技術を磨くことが大切です。

飛距離はあとからついてくる

飛距離はあとからついてくる

getty

「それでも飛ばしたい!」そんなに焦らないでください。

飛距離は、スイングや、ヘッドスピードにより、あとからついてきます。

そして、飛距離がある方でも、アプローチ&パターが上手くなければ、スコアってまとまりません。

焦って練習をしても、急に飛距離がアップするわけではありません。

いまのスイングで、スコアをどう作っていくか?

それを考えていくことが大切ですよ。

お気に入り
亜月

ゴルフと食べることが大好き! ゴルフ歴6年、ラウンドは週1。スコアはまだまだ安定しませんが、楽しくプレーしています。 日々の疑問や感じたことを元に記事にしています。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人