自宅練習に最適!1ヤードアプローチの勧め

https://www.daiya-idea.co.jp/golf/practice/4901948041116-2/

自宅練習に最適!1ヤードアプローチの勧め

お気に入り

私はレッスンプロではありませんが、ぜひともお勧めの練習方法があるのでご紹介します。

それは、「1ヤードアプローチ」です。

この練習には、ゴルフスイングの神髄が詰まっているような気がするのです。

1ヤードアプローチとは?

1ヤードアプローチとは、まさに文字通り1ヤードのアプローチをすることです。

ウェッジで1ヤードを打つなんて、今まで経験がありますか?

ラウンド中には、まずこのようなアプローチは打たないと思います。

練習場でアプローチをするにしても、1ヤードしか打たないということはやらないでしょう。

しかし、なぜ1ヤードアプローチがお勧めかというと、そこにはゴルフスイングの要素が詰め込まれていると感じるからです。

小さなスイングにはゴルフスイングの神髄がいっぱい!

小さなスイングにはゴルフスイングの神髄がいっぱい!

getty

距離が短いショットになればなるほど、手だけでクラブを動かしてしまいがちになります。

特にゴルフを始めて間もない人は、手だけでクラブを操作しがちです。

しかし、距離が短いショット、特にアプローチほど“手打ちスイング”では距離感を合わせにくいです。

これは上級者であればおわかりだと思います。

距離が短い繊細なショットほど、手先だけでなく体を使ったスイングが必要なのです。

1ヤードアプローチは体を使わないと打てない

1ヤードアプローチは体を使わないと打てない

getty

デリケートなショットほど体を使ったスイングでないと上手く打てません。

まさに1ヤードしか飛ばさないショット、1ヤードアプローチは究極の繊細なショットなのです。

1ヤードしか飛ばさないのだから、スイングも小さくなります。

スイングが小さいのでクラブが少ししか動かない一方で、ボールをきちんととらえる必要もあります。

手先でクラブを動かさず上体を動かし、かつフットワークを使ったスイングでないと、小さなスイングはできません。

小さなスイングといえども、体全体を使ったスイングをしないと上手く打てないのが1ヤードアプローチです。

自宅の部屋での練習に最適

1ヤードアプローチは、まさに1ヤードしかボールを飛ばさないので、自宅の部屋でもできます。

絨毯の上やパターの練習マットで練習できます。

部屋の中なので、ちょっと強めに入ってボールが飛んでしまえば、大変なことになるかもしれません。

だからこそ緊張感を持って練習できるのです(笑)。

これからの季節、梅雨でゴルフに行く機会が少し減るでしょう。

ぜひ部屋の中でこの練習をやってみませんか?

お気に入り
koji

〝24時間ゴルファー” プレーも観戦もギアも大好きなアマチュアゴルファーです。

このライターについてもっと見る >
GN20190618-0722
GN20190618-0722

カートに追加されました。


×
グリッジカップA