飛距離を求めるよりも、コントロールを重要視して!

getty

飛距離を求めるよりも、コントロールを重要視して!

ゴルフの最大の魅力といっても過言ではない、飛距離。数あるスポーツがあれど、ゴルフほどボールを飛ばすスポーツはないのではないでしょうか。

そんな魅力的な飛距離ですが、飛距離は伸ばせば伸ばすほどトラブルにつながってしまいがち……。

確かに飛距離は魅力的ですが、まずは狙ったところに落とせるコントロールから身につけていくようにしましょう!

インパクトのある飛距離は魅力!

高校野球などのニュースが出るたびに、「160キロ!」「高校通算○○号ホームラン!」などとインパクトのある見出しを目にすることが多いと思います。

ゴルフにおいて最もインパクトのあることといえば、「飛距離」と答える方も少なくないかもしれません。

本来スコアをよくするスポーツであるはずのゴルフが、飛距離が最もインパクトがあるというのも少しおかしいような気もしますが、実際遠くまで飛ばすことができるのは非常に爽快で気持ちいいものです。

また、体格によってはプロと同じほど飛ばす方もいらっしゃいますし、そういった意味でも飛距離というのは愛されているのかもしれませんね。

飛距離よりもコントロールがスコアアップにつながる!

しかし、飛距離に執着し過ぎることはスコアアップに必ずしもつながるものではありません。

飛距離を伸ばそうとすると、左右の曲がりや風の影響を受けやすくなりますし、トラブルショットにつながってしまう確率が上がってしまいます。

広く、ゆったりと打っていけるホールであれば飛距離を意識してみるのもいいかもしれませんが、忘れてほしくないのはコントロールです。

自分が打っていきたい場所、というのは基本的に次打も打ちやすくピンを狙いやすいところになりますよね。

スコアアップを考えれば、飛距離よりもコントロール。コントロールの先に飛距離アップが必要になる、と覚えておいてください。

飛距離があればいいわけじゃないんですよ!

先述の野球の話ではありませんが、本格派の速球投手や長距離バッターとして鳴り物入りでプロ野球に入ったものの、まったく活躍できずプロを去る、ということもよくある話です。

一方で、コントロールがいい投手やバントが上手い、足が速く守備も上手い野手など、一見パッとしない印象の選手がプロで長く活躍されていたりします。

必ずしもイコールとはいえませんが、飛距離という幻想を追うのではなく、コントロールして打っていくなどの確実な技術を手に入れたほうが、間違いなくスコアはよくなります。

飛距離ばかり考えるのではなく、狙ったところに打てる技術を身につけることを考えてみるようにしてみましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×