新世界ゴルフ屋物語第79話「紛失球はなくなった所から打てる!」

お気に入り
「この辺りに飛んできたのに、ボールが全然見つからない」

誰にも経験がありますよね!

新ルールはボールがなくなった辺りから! 時間ロスにならないし最高ルールですよね!

まぁ、アマチュアでエンジョイゴルファーの私は前から「なくなった辺りから」ドロップしてましたが……(汗)。
「この辺りに飛んできたのに、ボールが全然見つからない」

ゴルファーなら誰にも経験がありますよね。

林の中まで大きく曲がった打球ならまだしも、フェアウェイにあるはずのボールが見つからないなんてこともありますよね。

そんなときゼネラルルールでは、1罰打を加えて元の場所まで戻って打ち直さなくてはいけません。

そんなことになると同伴者も待たせますし、後ろの組に大渋滞を起こしかねません。

多くの人に迷惑をかけると思いながら打ち直しなんて、そんな心理状態でいいショットが打てるはずもないですよね。

競技でもなければ、「そのあたりから適当に打っちゃっていいよ」で打っちゃってました。

でもそれはそれで困るのが、これって何打目? って話です。

人によっては1打罰、ある人は2打罰って意見が分かれるんですよ。だってルールブックには書いてないことなんですから。

しかーし、ついにこの論争が今年のルール改訂により決着がつきました。

ティーショットが紛失球になった場合、なくなったと思われる地点付近から4打目としてプレーを再開できるようになりました。

しかも林の中で紛失した場合でも、近づかないフェアウェイからプレーすることもできます。

初心者にとっても優しいルールになったわけです。

ひとつ注意点は、これはゼネラルルールではなく、ローカルルールとして採用できるということなので、コンペの幹事さんはぜひ競技の案内にこのローカルルールを書き加えておいてください!
お気に入り
よっしー

よっしーと申します! キャディーの気持ちを更新中です。 ゴルフ未経験の新米キャディーさんと一緒にゴルフを学びましょう! インスタでも漫画描いています。 https://www.instagram.com/maar5665

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。