ゴルフスイング、右手にはどんな仕事をさせる?

getty

ゴルフスイング

ゴルフスイング、右手にはどんな仕事をさせる?

0

こんにちは、ライターのとやです。

ゴルフスイングで永遠の話題とも言えるのが、「ゴルフスイングは右手なのか左手なのか」という議論。本当にたくさんの理論があるんですが、その中の1つとして見ていただければと思います。

ライターとやはスイングは左手派。右手を使うと途端にボールが暴れ出してしまいます。しかし、かといって右手をまったく使わないわけにもいきません。

左手主導のスイングで右手には一体どんな仕事をさせればいいんでしょうか。

※この記事は右利き、右打ちの方を想定しています。

ゴルフスイングにおける右手はハンドル?

よく言われるのが左手はエンジン、右手はハンドル、というものです。スイング全体を左手で管理して、右手は方向性に徹するというものですね。

右手はスイングを作るというよりも、ボールの出ていく方向を決定するものです。

方向を安定させたいのに右手で一生懸命ボールを叩く、スイングをする、という意識をしてしまうと、力が入って方向性がまったく安定しません。

ゴルフスイングのパワーを担当する部分における右手はあくまで補助。スイングは左手で行って、ボールが飛び出していく方向を出すものと意識しましょう。

ゴルフスイングの右手で方向性を出すにはどんなイメージ?

ゴルフでは、ボールが飛び出していく方向は、インパクトのフェースの向きで決定されます。

そのため右手の向きとフェースの向きを合わせて、インパクトで右手がまっすぐになっていれば、フェースも同じ状態になりますね。

フェースの向きをイメージするのは手から離れているのでなかなか難しいかもしれません。

けれどもそれを右手の向き、と考えればどうでしょうか。

自分の手ですからフェースを管理するよりは少しだけ簡単に感じませんか? ここが意識できるようになるとボールの出球が今よりもまとまってくるはずです。

右手の向きはフェースの向きだ!

ボールをつかまえよう、遠くまで飛ばそう、と考えて力めば力むほど、フェースの管理が雑になってきます。

それは強くボールを叩くことがスイングの最重要ポイントになってしまっているからです。

しかし多少飛距離が落ちたとしても、フェースの向きを飛ばしたい方向に向けないとフェアウェイに残らないばかりか、パワーのある男性ならばOB連発という事態に陥ることも少なくありません。

右手の向きとフェースの向き、これは一緒なんです。

ボールの方向性を高めたいのならば、右手の向きを揃えるインパクトを目指してください。

ゴルフスイングに右手の力は考えなくていい 

ゴルフスイングで右手で精いっぱい力を込めても、ボールが飛ぶ期待値よりも、ボールが暴れるリスクのほうが高まってしまいます。

そのため右手を使い過ぎている人、ボールが全然安定しない人はもう少し右手の力を抜いてみてください。

フェースと右手の向きを合わせたら、あとは右手の力を抜いてボールを飛ばしたい方向にインパクトで揃えるだけです。

右手の向きをインパクトで揃えるコツは、右手の力を抜いて、右手の向きに注意すること。

単純で当たり前過ぎることなんですが、本当に練習の目的意識をもって練習している人って少ないと感じます。

軽いスイングから右手の向きを体に染み込ませていきましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルフスイング、右手にはどんな仕事をさせる?

カートに追加されました。


×