前半戦のスタッツで見る!今年のマスターズを大胆予想!

getty

前半戦のスタッツで見る!今年のマスターズを大胆予想!

お気に入り

今年もマスターズの季節がやってきました。

今回は、直近のPGAスタッツを使って、プレーヤーの期待順位(アンダーパーの期待値)を算出してみました。

バーディを多く取れる選手は期待値も大きい!

バーディを多く取れる選手は期待値も大きい!

getty

マスターズに出場予定の選手で、PGAにスタッツが登録されている選手について、アンダーパー数の期待値を算出してみました。

算出方法は、平均アンダーパー数=-(平均バーディ数)+(平均ボギー数)を4倍(4ラウンド合計)したものです(小数点以下は切り捨て)。

スタッツはあくまで統計的(確率的)な数字なので、そこから算出される数字はあくまで期待値として考えます。

その結果、ジャスティン・トーマスが10アンダーで1位、リッキー・ファウラー、ジャスティン・ローズら4選手が2位タイ、ロリー・マキロイ、フィル・ミケルソン、ジョンソン・デイら6選手が6位タイとなりました。

松山英樹プロは、5アンダーの24位タイ、ジョーダン・スピースは4アンダーの33位タイです。

ジャスティン・トーマスの1ラウンド当たりの平均バーディ数は4.7(トップ)で、やはり、バーディをたくさん取れる選手は期待値も大きくなります。

ブライソン・デシャンボーの集中力に期待!

ブライソン・デシャンボーの集中力に期待!

getty

若手で活躍を期待したいのは、ブライソン・デシャンボー。

デシャンボーの期待値は、トップと3打差の7アンダー、12位タイですが、3打差ぐらいはちょっとしたことでひっくり返ります。

デシャンボーの強みは、集中力でゾーンに入り、ギャラリーや周りの環境を味方につけて、パワースポットのようになれることではないかと思います。

そうなれば、オーガスタの女神も微笑むでしょう。グリーンジャケットも近づいてきます。

Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメントで優勝した上田桃子プロは、「優勝は迎えにいかない。必ず来ると思って焦らずにやる」とコメントしていました。

プレーに集中し、好プレーを生み出せば周りの環境が反応し、それがまた集中力を高め、さらなる好プレーを生み出すという好循環、結果として優勝が近寄ってくる、ということなのでしょう。

松山英樹プロの爆発力に期待!

松山英樹プロの爆発力に期待!

getty

松山英樹プロのスタッツは、2017年をピークに下降気味なところが気になります。

1ラウンド当たりの平均ボギー数は、2017年の2.26、2019年の2.25とあまり変わりませんが、平均バーディ数は2017年の4.29から2019年には3.67に下がっています。

それでも、ショットとパットが上手くかみ合えば、驚異的なスコアを生み出す爆発力があります。

現在のスタッツから見れば明らかに不利な状況ですが、今年の松山英樹プロには、その爆発力に期待したいです。

今年のオーガスタでどんなドラマが展開されるのでしょうか?

世界中のゴルフファンに夢と感動を与える、闘志あふれるプレーを期待したいです。

お気に入り
オリオット

ゴルフ歴31年、ゴルフをこよなく愛するアマチュアゴルファーです。JGAハンディキャップ10.1(2018年12月末現在)、ベストスコア71、ホールインワン1回。ゴルフを現場目線で、もっと深く、もっとシンプルに、もっと楽しく、お伝えしていきます。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG