ティーショットは“パー5とパー3のOB”に注意せよ!
ゴルフ初心者

ティーショットは“パー5とパー3のOB”に注意せよ!

0

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

アベレージゴルファーには悩ましいティーショットのOB。

ボールが白杭を越えてしまった時点でほぼ2打プラス確定、スコアに響きますよね。

とはいっても1ラウンドでOBゼロというのも難しいですので、今回は少し切り口を変えて『OBを打ってもセーフな場面』と『OBを避けるべき場面』について話を進めて参ります!

パー4は『OBを打ってもセーフな場面』!?

パー4は『OBを打ってもセーフな場面』!?

まずティーショットで『OBを打ってもセーフな場面』はパー4のホールにあります。

それはズバリ“プレーイング4(プレ4)が設定されている地点”です。

パー4の場合、プレ4地点は大抵グリーンから130~150ヤード地点に設定されています。

場合に寄っては100~120ヤードくらいの場所にあることも。

グリーンから100~150ヤードのフェアウェイからであれば、グリーンオンの確率はかなり高くなります(新ルールに則ってボールがOBゾーンを横切った地点から規定の位置にドロップしても、よほどのことがない限り、同じような距離感で打てると思います)。

また、OBで3打目を打ち直しても絶対届かないような“お得”な場所にプレ4のティーイングエリアが設定されていることも少なくありません。

つまりOBを打ってしまっても、4オン2パットのダブルボギーでしのげる可能性が高いということ。

さらに4打目が上手くピンに絡めば、1パットのボギーだってあり得るわけです。

パー5は『OBを避けるべき場面』

 パー5は『OBを避けるべき場面』

いっぽうパー5のティーショットは『OBを避けるべき場面』です。

パー5の場合は4打目地点は近くてもグリーンから230~250ヤード、遠ければ300ヤード以上になることもあります。

これだと距離の短いパー4をプレーするようなものですから、アベレージゴルファーだとここから4打であがるのはかなり難しい。

4打目地点から3オン2パットなら8打のトリプルボギー。

つまりパー5のティーショットでOBを打ってしまったら、その時点でほぼほぼトリプルボギー、よっぽど上手くいってダブルボギーとなってしまうのです。

パー3は『OBを絶対に避けるべき場面』

パー3は『OBを絶対に避けるべき場面』

そしてパー5以上にOBを絶対に避けたい場面がパー3のティーショットです。

OBを打ってしまったら、パー4やパー5と同じくプレ4からのプレー再開になるので、この時点でトリプルボギーの確率はパー5のOBよりも高くなります(プレ3の設定のコースもあります)。

パー3でOBが出るときは池越えやグリーンからすぐのところにOBゾーンが広がっている場合がほとんどなので、プレ4を嫌ってティーショットを打ち直したとしても、連続OBでさらに傷口を広げてしまいやすいです。

スコアをまとめたいのであれば、パー3のティーショットこそ集中力を高めて、かつ慎重に打つべきだと思いますよ。

ただパー3は大幅な救済が受けられる場合があります。

例えばグリーン手前の池やグリーンの周囲がペナルティーゾーンになっていて、3打目からリスタートできる場合です。

その際は残りのOBゾーンだけに注意して思いきって攻めていくのもアリだと思います。


ゴルフは18ホールの長丁場。

『OBを避けるべき場面』をしっかり見極めてティーショットに挑みましょう!

それでは、また。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ティーショットは“パー5とパー3のOB”に注意せよ!

カートに追加されました。


×