ゴルフ初心者がスコアをまとめる極意とは?

getty

ゴルフ初心者がスコアをまとめる極意とは?

こんにちは♪

ゴルフ初心者がスコアをまとめるには、どうすればいいのでしょうか?

ドライバーを飛ばさないといけない? それとも高い球でグリーンに止めないといけないのか?

いえいえ、もっと簡単にスコアをまとめる方法はありますよ!

スーパーショットは必要ありません!

初心者の方だけでなく中級者の方にも共通して言えることですが、100や90のスコアをなかなか切れない人の多くは、スーパーショットを求め過ぎているのかもしれません。

ドライバーで250ヤードを真っすぐ飛ばし、高弾道のキレキレなアイアンショットを打ち、5~6メートルのパットを一発で沈める。

こんなイメージを求め過ぎてはいないでしょうか?

100や90の壁を切るために、こういう技術は追い求めるべきではないと、僕は考えています。

なぜかというと「リスクが高い」からです。

スーパーショットを求める「リスク」

ドライバーをできるだけ飛ばして、セカンドショットを楽にしたい。こう考えているときほど、力んでOBを打ったりしていませんか?

ダウンブローに打とうとして、リストターンが間に合わずにシャンクしたことはありませんか?

普段やらないようなスーパーショットを狙うと、必ずこういった弊害が生まれます。

これは僕の経験上間違いありません。というのも僕がこういう経験をして、しばらくスコアが停滞していたからです。

そしてこのやり方は、上達を阻みます。毎日毎日ゴルフ漬けという方なら構いませんが、月に一回のラウンドであえてミスをしやすい打ち方を選択するのは、上達を阻むだけでなく、何よりスコアが出ないので楽しくはありません。

もっとシンプルに、楽にスコアを出せる方法を考えたほうが、上達も早いですし、ゴルフも楽しくなり、もっとゴルフが好きになります。

できるだけ低く、転がすことだけを考えよう!

ゴルフを難しくしているのは、ボールを「上げなければならない」という誤解から生まれているのだと感じています。

プロゴルファーはテレビ中継を見ていると、空に突き刺さりそうなほど高い球で飛ばし、グリーンに止めていますね。そのイメージが強過ぎるのだと思います。

しかし高い球にはデメリットがたくさんあります。

まずは方向性が安定しにくいこと。高い球よりもライナー性の球のほうが、的を狙いやすいと思いませんか?

高い球は風に弱いというのもデメリットのひとつです。低い球であれば風の影響をあまり受けませんし、結果としてスコアはまとまります。

そして一番スコアに直結するのが、アプローチです。

多くの人がアプローチでボールを「上げようとして」失敗しています。

ダフリ、トップ、ホームラン、これらはすべてボールを上げようとして起きるミスと言っても過言ではありません。

ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで、できるだけ低く転がすようなイメージを持つことで、右肩が下がってあおり打つようなことがなくなり、ミスも減ります。

ボールは上げるのではなく、上がるものだという意識が、スコアをまとめる上で大切なのです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×