アプローチは「緩めて」打とう!大きなミスを起こさないリラックス打法!

getty

ゴルフスイング

アプローチは「緩めて」打とう!大きなミスを起こさないリラックス打法!

0

スコアに直結するアプローチ。

正直ちょっとショートする、オーバーするくらいであれば何とかなりますが、トップで「行って来い」をしたり、ザックリをしてしまうと本当にスコアに響きます!

反対に言えば、ある程度で乗り切れば絶望的なスコアにはならないということ!

では、どのようにアプローチを打てばいいのかを考えてみましょう。

力を入れ過ぎたアプローチは厳禁!

アプローチはハーフスイング以下で打っていくことになります。その中で意外とやりがちなのが、「力み過ぎ」です。

ハーフスイングの状態からクラブを下ろしていくときに力が入り過ぎてしまっていて、それがヘッドアップによるトップやザックリなどの大きなミスにつながりがちなのです。

こんなミスを防ぐためにも、腕の力ではなく体全体でアプローチを行ってください。テークバックを上げた分だけフォローを取るのが理想。

どれだけテークバックで上げてフォローを取ればどれだけの飛距離になるのかを各クラブごとに把握していれば、より安定した距離感でショットしていくことができるでしょう。

練習場で確認しておきましょう。

ヘッドの重みでスイングする!

上記のテークバックとフォローの幅を決めるとき、スイングのスピードはヘッドの重みで振る感覚程度にし、力を入れ過ぎないようにしましょう。

しっかりと前のターフを切る感覚で打てば大きなミスは激減します。

距離感ですが、力まないことで再現性の高いショットを打てるようになれば後は感覚の問題です。

またフルショットの時よりもヘッドアップに注意した方がアプローチは安定します。

ぜひ試してみてください。

ショートゲームを攻略しよう!

スコアを伸ばすためにより効果的なのは、アプローチとパッティング、いわゆるショートゲームです。

ショートゲームさえ上手くいけば流れも良くなりショットも安定してくるものです。

何もチップインする必要はありません。

確実にグリーンオンし、最低でも2パットで上がれるところに寄せればいいのです。

プロであっても同じようなプレーを最低限に考えて行うわけですから。

短い距離を打つことに力はいりません。

より再現性の高いゆっくりとしたスイングを心がけるようにしましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アプローチは「緩めて」打とう!大きなミスを起こさないリラックス打法!

カートに追加されました。


×