反省しても後悔しない!気持ちのスイッチが好スコアにつながります。

getty

ゴルフ初心者

反省しても後悔しない!気持ちのスイッチが好スコアにつながります。

0

こんにちは!

花粉の季節ですね。

私も花粉症ですが、ゴルフには最高の季節なので薬漬けになってでもプレーしちゃいます(笑)。

プレー中は点鼻薬と目薬が手放せません。

・・・だいたい翌日に酷いことになって反省しますが、後悔はしないはーしーです。

今回は、ありきたりかも知れません。

気持ちのスイッチを上手く切り替えられると好スコアにつながるかも知れないよ? というお話です。

やはりメンタルです。

やはりゴルフはメンタル。

人それぞれ気の持ちようは様々です。

常にポジティブに考えて突き進んでしまうタイプや、ネガティブ思考でもその想定されるリスクを回避して上手いこと立ち回るタイプ・・・などなど。

良く恋愛ごとで言われている「男子は追記で女子は上書き」。

実はゴルフでもあるあるかも知れません。

どうしてかは皆さんの周りの方をじっくり観察すると分かりますよ(笑)。

どちらにしても言えることは「気持ちがやられた(折れた)時点でその日のゴルフは負け」ってことです。

本人的には気にしていなくても、そういう気分になってしまうとなかなかに上手くいかなくなってしまいます。

気持ちが外に出ても出し過ぎないで!

テレビで見るプロの試合。

国内ツアーではあまり話題になるようなことはありませんが、海外ツアーですと、上手くいかずにクラブをへし折ってしまったり池へ投げ入れたりと、なかなか派手な気持ちの出し方をするプレーヤーも見かけます。

我々素人プレーヤーでも、プレー中の感情が外に出る方はたくさんいます。

さすがに道具に当たる方は少ないですが、大きな声を出したり他の物に当たったりする方はいらっしゃいます。

気持ちは分からないでもないものの、やはり紳士淑女のスポーツですから、あまり大きな声を出したり物に当たるのは、同伴者もあまり気分の良いものではありませんので、そこのところはちょっと気を付けましょう。

反省するけど後悔をしちゃいけません!

ミスショット!

悔しいですね。

そうなると「ああすれば・・・」「こうすれば・・・」「こっちのクラブを使えば・・・」と大後悔時代がドドっと訪れますが、もう打ってしまったんです。

後悔しても結果が覆る訳でもないのでスッパリ諦めましょう。

だから後悔をする必要はありません。

それよりどうしてミスが出たのかの反省と、次のショットをどうするか考えましょう。

ライが微妙に悪かった、振り急いだ、力んだ、などなど。

今度はミスをしないようにどう打ってやろうか。

ほらほら、もう後悔なんかしているヒマはありませんよ。

「あぁ~! やっちまったなぁ!」程度にして、後悔の念はその場へ置いて行きましょう。

次! ハイ次! と気持ちを切り替えて好スコアへ!

そうなると、ミスをしてもチャッチャッと気持ちを切り替えられれば、気持ちも前向きにスコアも良くなるのではないか、と思うのです。

いや、なりますよ!

その「気持ちの切り替え」が、どうしてなかなか上手くできなかったりします。

まずは見える所から切り替えてみるのはどうでしょうか?

・途中でもスコアカードを新しいものにチェンジ

・グローブやボールを違う物に交換

・着替えを持っている方はお昼時に思い切って着替えちゃう!

些細なことでも何かちょっと気分を切り替えられるきっかけがあれば、新たな気持ちでプレーに臨むことができます。

ゴルフは決して戻らず打ち進んでいくスポーツです。

失敗してもその場、そのショット限り。

次! ハイ次! と考えを巡らせ、目の前のボールに集中すれば、きっといいスコアが出ますよ!

ミスしても「まぁまぁ、前に進めばオッケー! 次!」くらいのノリ。

・・・私がこんな感じですけどね(笑)。

これから暖かくなって絶好のゴルフシーズン。

ぜひ「気持ちの切り替え」をアタマの隅っこに置いておいてくださいね!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

反省しても後悔しない!気持ちのスイッチが好スコアにつながります。

カートに追加されました。


×