キャディは頼れる相棒……のはずが。~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#112

https://www.golfchannel.com/news/lee-westwood-paul-caseys-caddie-was-giving-him-puerto-rico-pin-positions

キャディは頼れる相棒……のはずが。~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#112

お気に入り

コースに出れば、プレーヤーに助言・アドバイスができるのはそのキャディだけ。

キャディは、単にバッグを運んだり、クラブを手渡してくれたり、自分に代わってバンカーの砂をならしてくれる存在ではありません。

ときにはメンタル面も支えてくれる、さまざまな面で頼れる心強い相棒なのです。

しかし、その相棒もときに思わぬ失敗をします。

先週はそんなキャディの失敗が相次いで見られました。

振り返ってみましょう。

他所のピンシートを渡されたポール・ケイシー

View this post on Instagram

Misinformation 😅 #WGCMexico

A post shared by European Tour (@europeantour) on

先週の世界ゴルフ選手権シリーズ「メキシコ選手権」の3日目。

ポール・ケイシーは10番からのスタートで、パー、イーグル、バーディ。出だし3ホールで3アンダーという好調なスタートを切りました。

ところが、続く13番パー3でキャディのジョン・マクラーレンにピンまでの距離を尋ねると、おかしな数字が返って来ました。

グリーンの手前エッジからピンまでの距離が、自分のピンシート(ホールロケーションシート)の数字とまったく違うのです。

良く見ると自分のピンシートは、同じ週に行われているもうひとつの米ツアー競技「プエルトリコ・オープン」のものでした。

実は、前夜、マクラーレンが選手・キャディがアクセスできるツアーの専用サイトから入手する際に、誤って「プエルトリコ・オープン」のデータをダウンロードし、それをケイシーに送っていたのです。

発覚がそこまで遅れたのは、最初の3ホールはグリーンのどの面に落とすかが大事なホールで、ピンまでの正確な距離を求める必要はなかったからでした。

ことによれば大トラブルにもなったキャディの失敗ですが、ケイシーは笑って対応。メディアには笑い話として披露していました。

そして、二人はこの日を65、翌最終日も65をマーク。3位タイの好成績で終えたのでした。

肝心なときによそ見をされたリッキー・ファウラー

同じく「メキシコ選手権」の2日目。

リッキー・ファウラーは6番ホールの第2打をシャンク。ボールは右奥のOB区域に飛んでいきました。

OBであることを理解したリッキーは悔しそうなそぶりを見せることもなく、淡々とその場でキャディのジョー・スコブロンに新しいボールを要求。

受け取ると、すぐにドロップの処置を行いました。

ところがそのドロップ、旧ルールの肩の高さからボールを落としてしまったのです。

そして、実に間が悪いことに、そのドロップの瞬間をスコブロンは(写真のように)見ていなかったのです。本当にその瞬間だけ……。

また、同じ組のプレーヤーたちもたまたま目撃していなかったため、リッキーはそのままストローク。

結果、OBの1ペナに加え、誤ったドロップの方法による1ペナ。合計2ペナをここで食らったのでした。

キャディに支払う報酬額でもめたマット・クーチャ―

今大会ではもうひとり、キャディに関するトラブルで注目を集めたのがマット・クーチャーでした。

クーチャーは昨年11月、同じメキシコで開催された「マヤコバ・クラシック」で優勝。賞金129万6000ドル(約1億4300万円)を獲得しました。

この試合、彼はいつもの契約キャディを伴わず、開催コースのハウスキャディ=デビッド・オルティスを雇用。報酬については口頭で大雑把な約束を交わしていました。

「予選落ちで1000ドル」「ベスト20で3000ドル」といった内容で、最高額は「ベスト10で4000ドル」といったものでした。

ところが、クーチャ―は思いも寄らぬ、4年ぶりの優勝。

そして、オルティスには約束した4000ドルに1000ドルを加えた5000ドルを支払ったのです。

しかし、ツアーでは優勝選手はキャディに賞金の10%、ですからクーチャーの場合は12万9000ドル程度を支払うのが慣例になっています。

そのため、後日、オルティスはクーチャー側に増額を要求。でも、クーチャ―側が拒否。

両者の交渉が長引くと、ネットに取り上げられ、ファンからはクーチャ―を非難する声が高まりました。

「フェニックス・オープン」では「キャディにカネを払え!」の盛大なヤジを浴びることも。

これにはメディアも黙ってはいません。

結果、クーチャ―は「メキシコ選手権」の前週の「ジェネシス・オープン」で、オルティスが要求する5万ドルの支払いを約束。

これで騒ぎは収束。クーチャーは「メキシコ選手権」ではヤジられることもなく、ファンから温かい歓迎を受けたのでした。 

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH