キレイなスイングは正しいグリップの握り方から
ゴルフスイング

キレイなスイングは正しいグリップの握り方から

REI
0

これからゴルフを始めようとしている方、始めたばかりの方、必見です。

正しいスイングをするのに、グリップは大変重要な役割をしています。

グリップを間違えて握るとスイングも乱れてきます。

グリップの握り方を見ただけで、ゴルフの上手いヘタが分かってしまいます。

グリップの握り方はゴルフの基本です。

これから正しいグリップの握り方を紹介していきましょう。

正しいグリップの握り方 その1

ここでは、ゴルフクラブを握る前に、クラブなしで正しいグリップの握り方を身につけましょう。

最初に左手を力を入れずに体の正面でたらします。

次に左手を軽く握り、親指と人差し指の付け根が成す線が右肩の方向を指すようにします。

最後に、左手に右手を合わせます。

この時右手薬指の第2関節と中指の第2関節が真下にくるように握ります。

ここまで来たら右手の小指が左手の人差し指の下に入るまでずらし、右手のひらの腹で左手の親指を押さえるようにしてください。

最後に軽く、左手の親指を右手のひらで包み込むように軽く右手を握るようにしてください。

この形がフィンガーグリップの正しい握り方です。

正しいグリップの握り方 その2

では、実際にクラブを握ってみましょう。最初に左手からです。

グリップが人差し指の第一関節と小指の付け根の上にくるようにします。

その後、人差し指から小指までをグリップに巻き付けます。

最後に親指の付け根をグリップに押し当てるようにして握ります。

このときに、前項でも述べたように左手の親指と人差し指が成す線が右肩を指します。

次は右手です。

クラブのグリップに左手の人差し指に添えるように薬指と中指の付け根をあてましょう。

この時に右手の生命線をガイドにして左右の手の一体感を出すとさらに密着感が出てきます。

右手の親指はグリップの真上ではなくて左にずらしてください。

この時に注意する事は、右手人差し指と親指の付け根がくっつくようにしてください。

最後に右手の小指をかけます。

正しいグリップ握り方 その3

正しいグリップが完成したら最後はグリップを握る力加減を覚えましょう。

それでは実際にクラブを持ってみましょう。

グリップは左手の中指と薬指そして小指の3本と右手の中指と薬指の2本の合計5本の指でクラブを支えるようにしましょう。

クラブを斜め45度傾けるとクラブの重さが両手に加わってくるので重さをその5本で支えるようにします。

この時、親指を使ってグリップを握らないように注意しましょう。

これで、あなたも正しいグリップの握り方を身につけることができます。

正しいスイングはここからが最初

ゴルフを始めるにあたってグリップの正しい握り方を紹介してきましたが、正しいスイングをするのはここからが肝心です。

ゴルフは腕力で打つのでななくクラブの遠心力をボールにぶつける事がポイントです。

腕とクラブの同調が重要なカギとなってきます。

正しいスイングを覚える前に正しいグリップの握り方をしっかりマスターしてください。

そのためには、家でくつろいでいる時も太いペンなどを利用して正しいグリップの握り方を身体に叩き込んでください。

最初のうちはゴルフ練習場で打つ前にも、正しいグリップの握り方ができているか確認するようにしましょう。

正しいスイングは正しいグリップの握り方から始まります。身体になじむまで、しっかりと覚えさせましょう。

基礎からしっかりと身につけて正しいスイングに磨きをかけましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

キレイなスイングは正しいグリップの握り方から

カートに追加されました。


×