新・貧打爆裂レポート『XXIOクロス アイアン』
ゴルフクラブ

新・貧打爆裂レポート『XXIOクロス アイアン』

0

今回の貧打爆裂レポートは、2019年3月9日発売の『XXIOクロス アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んで、しっかりと打ってきました。

7番アイアンのロフトが26度というぶっ飛びアイアンの魅力を確かめました。動画も含めてレポートします。

飛ばすことに特化したゼクシオのアイアンが「クロス」

飛ばすことに特化したゼクシオのアイアンが「クロス」

『XXIO』はクラブの売り上げ総本数で日本一を誇るブランドです。

何種類もあるアイアンは、飛距離性能でも、方向性能でも、多くのゴルファーを満足させてきました。

2019年。時代の波はぶっ飛びアイアンの完成型を求めていて、各メーカーが挑戦をしています。

ダンロップスポーツの答えが『XXIOクロス アイアン』なのです。

アイアンがどんなタイプのものかを見極める一つの方法が、7番アイアンのロフトをチェックすることです。

7番アイアンの基準ロフトは、一昔前まで34度前後でしたが、この数年は、30度は当たり前、30度未満を飛び系のアイアンだと分類するようになってきました。

『XXIOクロス アイアン』の7番アイアンのロフトは、26度です。

これは飛び系アイアンの中でも、飛び抜けて飛距離を優先して作られている証拠なのです。

ただロフトを立てればできあがりにはなりません。

5番アイアンのロフトで5番アイアンのボールを打つのは当たり前で、新しいアイアンの意味がありません。

時代が求めている性能は、ロフトなりの距離が出るのに、ボールの高さは今までの番手なりであってほしいというものです。

普通に考えれば、それは魔法で、不可能なのです。

結論から書きます。『XXIOクロス アイアン』は魔法を可能にしています。

最も長い7番アイアンで、ロングアイアン並みの飛距離を打てるのに、ボールの高さは7番アイアンなのです。

高額な価格帯のアイアンですが、『XXIOクロス アイアン』は売れるだろうな、と感心しました。

飛距離不足に悩んでいるゴルファーは想像以上にいるからです。

総合力が高いアイアンは特別なゴルファーのもの

『XXIOクロス アイアン』の打音は控え目ですが、初速の速さは天下一品です。また、打ち出しも高く出ます。

高弾道で、スピンよりも高さで止めるアイアンです。

ミスヒットには、あらゆる分野で強いです。

芯を外したときにも許容力が高く、大きくボールが曲がったりはしないのです。ソールの厚みも機能して、ダフリにも強いです。

7番アイアンですが、自分のアイアン(ミズノMP-68)だと135ヤード程度の飛距離なのに、『XXIOクロス アイアン』は160ヤードを楽に超えます。

高さは7番アイアンの高さです。この飛距離性能はトップクラスです。

ややとらえる動きをしますので、普通に打つと軽いドローになります。

フェードを打ってみようと何度か挑戦しましたが、ストレートになるだけで右には行きません。

『XXIOクロス アイアン』はドロー専用アイアンだと思いました。

スライスや右にボールが行くことに悩んでいる人は、このアイアンに大いに助けられることでしょう。

試打をした『XXIOクロス アイアン』は純正カーボンシャフトのSフレックスでしたが、広い範囲のゴルファーに使ってほしいという意図があるようで、かなりしっかりとしたシャフトです。

楽にゴルフをするために『XXIOクロス アイアン』を選ぶのであれば、見栄を張らずに、軟らかめのシャフトを選んだほうが良い結果に結びつくと思います。

『XXIOクロス アイアン』はパワー不足で距離が出なくなったゴルファーを助けるアイアンとして完成しています。

ちなみに、試打ラウンドで一緒にプレーしたゴルファーが、7番アイアンを打って「これって、バラ売りもしているの?」と欲しがっていました。

彼は、ユーティリティの代わりとしてバッグに入れることを考えたようです。

僕より飛ぶので、7番アイアンで200ヤードを楽々打っていました。

過去に試したどのクラブより、簡単で、確実に200ヤードを打てるということに魅せられたようです。

『XXIOクロス アイアン』は、今まで『XXIO』のアイアンを使っていたゴルファーに、さらなる距離を提供したいというコンセプトで開発された系譜がしっかりとしているアイアンです。

誰でも使えるわけではなく、特別なゴルファーが、その特殊な2019年の最先端の技術を利用してゴルフを楽しむのが『XXIOクロス アイアン』なのだとプレーをしながら、確信しました。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

新・貧打爆裂レポート『XXIOクロス アイアン』

カートに追加されました。


×