まっすぐ立つのは難しい!目標に対してスクエアに構える方法

お気に入り

目標方向に対して、体を横向きにして構えて立つのがゴルフです。

自分では目標に対してまっすぐに立っているはずなのに、知らないうちに右や左に向いていたりします。

ここでは目標に対してまっすぐに立つ方法をご紹介していきます。

目標に対してまっすぐ立つとは?

ゴルフで言う「まっすぐに立つ」ということを、よく「スクエアに構える」と言います。

スクエアとは正方形を意味しますが、ゴルフでは「直角にまっすぐ」という意味です。

つまり、アドレス時にボールと目標物を結ぶライン(飛球線)に対して、肩のラインが平行になるように構えなければいけません。

練習場ではまっすぐ飛んでいたはずなのに、コースに出るとなぜか右や左にズレてしまう。

そんな方は、自分ではまっすぐに立っているつもりでも、周りの風景に惑わされ、知らないうちに体が右や左にズレているのが原因かもしれません。

では、まっすぐ立つにはどんな方法があるのかご紹介します。

右肩を意識してまっすぐ立つ方法

右肩を意識してまっすぐ立つ方法

getty

アドレス時にクローズスタンスになっている方は、右肩を引いて構えてしまっています。

逆にオープンスタンスになっている方は、右肩が前に出て構えてしまっているはずです。

そんな方には、アドレスに入る前の簡単な動作ひとつで改善できる方法があります。

左手を右肩に当ててみましょう。

そうすると体の向きがどっちに向いているのか、左腕の傾きから判断できるようになります。

飛球線に対して左腕が平行になっていれば、まっすぐ立っていることになります。

胸を意識してまっすぐ立つ方法

右肩を意識してまっすぐ立つ方法以外にも、別の方法があるのでご紹介します。

それは、胸を意識して構えるやり方です。胸の面が飛球線に対して平行になるように構えることで、まっすぐ立つことができます。

これなら肩を意識して構えるのが苦手という方や、毎回アドレス前に左手を右肩に当てる動作が恥ずかしい方にオススメと言えます。

自分に合っている方法は、練習場で実際に試してみて、やりやすい方法を取り入れてみましょう。

目印を見つけてまっすぐ立つ方法

View this post on Instagram

Looking to make a charge like.

A post shared by PGA TOUR (@pgatour) on

アドレス時に生じるズレは、ショットの行方を大きく左右する要素の一つです。

まっすぐ立っているはずが、右や左にズレていることは、プロでもよくあることと言えます。

ここまで右肩を意識する方法と、胸の面を意識する方法の2種類をご紹介しましたが、最後にもう一つ、まっすぐ立つ方法をご紹介します。

それは飛球線上の身近な場所に、目印を見つける方法です。落ち葉や芝の色が変わっている場所でいいでしょう。

※目印を作るために芝を傷つけたり、物を置いたりするのはルール違反になりますので気をつけましょう。

目印を見つけたら、目印に対してクラブフェースを直角に合わせます。

そしてフェースの向きが変わらないように、飛球線に対して平行にアドレスします。

このとき肩や胸の面などを意識すると、より精度が上がるはずです。

せっかくナイスショットをしても方向が間違えていてミスにつながってはもったいないです。

今回ご紹介した方法以外にもあるかとは思いますが、ぜひご自身に合った方法でまっすぐなアドレスを身につけていただけるとうれしいです!

お気に入り

カートに追加されました。