反復は力なり!?腰の回転によく効く4つのドリル

お気に入り

ゴルフのスイングのコツとしてよく聞くのが“腰の回転”に関することですよね。

ただ漠然と、実戦の場においてだけ気にかけても正しい腰の回転を身に付けることはできません。

今回は腰の回転を体得するのに効果的な4種類のドリルをご紹介します。

1.下半身から動き始めるドリル

まずは、足からスイングを始めることを体に覚えさせ、足の踏み込みで腰が回転することをつかむドリルです。

(1)アドレスしたら右足のかかとを浮かせます。
(2)浮かせた右足のかかとを落とし、その勢いでテークバックを開始します。
(3)腰の高さまで(慣れてきたらそこからトップまで)ヘッドを上げ、ヘッドを戻す。

この動作をゆっくりと繰り返すことで、足の踏み込みに腰の回転がついてくる感覚が身に付きます。

この時に腰が左に流れないように注意しましょう!

2.腰の回転範囲を覚えるドリル

次は、片足を前に出してスイングするドリルです。

このドリルでは、腰の回転にブレーキをかけるべきポイントを確認できます。

(1)右足を前に出した状態で構えて、バックスイングをしてみましょう。

右の股関節が締まった状態になり、ひねりが抑えられる感覚があると思います。この幅がトップでの正しい腰の回転範囲ということになります。

(2)左足を前に出して状態でスイングをします。

今度は左足のブレーキが効きますよね。こちらは、インパクト以降の腰の回転範囲です。

適正な回転がわかると、ヘッドの走りがよくなります。

3.太ももににボールを挟むドリル

次は、太ももに柔らかいボールを挟んでつぶすドリルです。

(1)まずは、シャドースイングを行い、頭がぶれないようその場で体を回転させ、右ひざを目標の方向へ送る感覚をつかみます。

(2)次に、太ももにボールを挟み、ボールをつぶしながら右の太ももは目標の方へ、左の太ももでその力を支えるように締めます。

このドリルでは、腰の回転にパワーとスピードをプラスするのに必要な、正しい右足の蹴り方を身に付けることができます。

4.おしりに力を入れるドリル

4.おしりに力を入れるドリル

getty

最後は、ダウンスイングでおしりに力を入れるドリルです。

おしりに力を入れることで上半身が脱力し、軸をぶらさずに腰を回転させやすくなります。

おしりに力を入れると、腰の回転にほどよくブレーキもかかり、腰のパワーやスピードを効果的にボールに伝えられるという利点もあります。


いかがでしたか?

腰の回転を正しく理解することができると、力を効率的にボールに伝えることができるようになり、飛距離アップにもつながります。

ご紹介したドリルをぜひ実践してみてください!

お気に入り
ゴルゴル

ゴルフ好きです。 クラブハンデは5です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。