アプローチは「寄せよう」ではなく「入れよう」という気持ちが大事

getty

ゴルフコース・練習場

アプローチは「寄せよう」ではなく「入れよう」という気持ちが大事

0

グリーン周りからのアプローチショットは、誰もが「寄せよう」と考えているはずです。

これは、積極的なプラスのメンタルなのでしょうか?

それとも、消極的なマイナスのメンタルなのでしょうか?

入れようと思うと、カップインの確率が高くなる

「寄せワンを取りたい」という意味では、確かにプラスのメンタルといえるでしょう。

しかし、それはそこから2打で上がれば満足と、自分で宣言していることでもあります。

アメリカのスポーツ心理学の専門家で、PGAツアーで何人もの有名プロのメンタルコーチをしているドクター・ボブ・ロテラは、著書の中で「寄せようと思う時点で、すでに1打損をしている」と述べています。

すべてのアプローチショットは、難度に関係なく「カップインさせよう」と思って打たなければ、カップインする確率は、限りなくゼロに近いということです。

タイガーの伝説のショットもカップインを信じていた

伝説のチップインといえば、2005年のマスターズです。

タイガー・ウッズの16番ホールパー3での、奇跡的なチップイン・バーディーは今も語り草です。

状況は、グリーン奥から強烈な下り、ボールのある場所からは、落下してからほぼ直角に右に曲がるような傾斜。

少しでも強ければ、グリーン手前の池に転がり落ちるというアプローチショットでした。

世界中の誰もが、寄せることさえ難しいと思った状況で、ただひとりカップインを信じていた人がいました。

それは、当のタイガー本人だったのです。

結果、ボールはカップ手前で一度止まりかけながら、ゆっくりとカップに転がり込みました。

伝説のチップイン(3時間51分30秒頃~)

入れようとすると、スイングがスムーズになる

上田桃子も「アプローチショットは、全部カップインさせる気持ちで打っている」と言っています。

グリーン上でもグリーンの外からでも、1打でもスコアを縮める可能性があるなら、思い切って狙っていくそうです。

そのような強い気持ちがあるから、長期間に渡ってトッププロでいられるのでしょう。

もちろん、技術が伴わずに、ただ「入れたい」と思っても、反対に大きなミスにつながる可能性はあります。

しかし、入れたいと思って、カップに集中することで、スイングの細かな部分が気にならなくなり、結果的にスムーズにショットが打てる可能性のほうが高いのではないでしょうか。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アプローチは「寄せよう」ではなく「入れよう」という気持ちが大事

カートに追加されました。


×