いま話題(?)の“地面反発”を使って飛距離アップを目指そう!

getty

ゴルフスイング

いま話題(?)の“地面反発”を使って飛距離アップを目指そう!

0

こんにちは、JGMセベバレステロスGC所属プロの宮下芳雄です。

今回は「地面反発」を使ったスイングについて説明をします。

地面反発とは、地面を踏み込んたときに跳ね返ってくる力も利用して飛距離を出すテクニックのことをいいます。

ポイントは体重を地面に押し付けること!

これにより自分の筋力以上のパワーを飛距離へと換えることができるのです!

地面を踏み込むことによって生じる反発力を使って飛距離アップに挑戦しましょう。

こうすれば地面反発を使ってバックスイングできる!

地面反発を体感するにはまず重心を下げてみましょう。

プロゴルファーで飛ばし屋と言われている選手の多くが、体を沈み込ませながらダウンスイングをしています。

タイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマスもそうですよね!

体を沈ませた後、インパクト直前に地面を蹴るようにして地面からの反発力を使いヘッドスピードを上げているのです。

そしてよくよく彼らのスイングを見てみると、ダウンスイングから沈む動作がスタートするのではなく、正確にはバックスイングから徐々に体が沈み込む動きがスタートしています。

つまりバックスイングをしながらトップポジションまで少しずつ沈み込んでいるのです。

そこで気を付けたいポイントがあります。

それは、体は沈むものの、前傾角度はキープしたままでバックスイングをすることです。

前傾角度をキープさせながら、胸を地面に近付けるイメージでバックスウイングをしましょう。

ダウンスイングで地面反発を体感する!

ダウンスイングで地面反発を体感するためのポイントは2つです。

①骨盤の回転からダウンスイングをすること

トップポジションでの手・腕・肩の位置をキープしたままで骨盤を左へ回転させるのです。

②左肩・左腰を下げながら骨盤を回転させる

そのためにはダウンスイングで左足かかとへ加重をさせながら骨盤を回転させましょう。

地面反発を使ったインパクトを覚える!

インパクトでの動作はとてもスピードが速いのでドリルを踏まえた練習が効果的です。

具体的は右手にボールを持ち左足を踏み込みながら、右手に持ったゴルフボールを地面に向けて投げてみてください。

ポイントは左肩が開かないようにしてボールを投げることです。

踏み込んだら左脚で地面を押す(蹴る)ようにしてボールを斜め下に向かって投げます。

そうすると地面を足で踏んだ反発力と、それを使いながら右腕がリリースされスピードが加速されることを体感できるはずです。

このドリルを数回行ったあと、次にボールを地面に投げるイメージで打球をします。

これにより地面反発を体感することができ、それを使ったスイングが身に付くようになります。

地面反発の魔術師 ジャスティン・トーマスのスイング動画

見ているだけで飛ばし屋になれそうなスイングですね!

注目していただきたいのは、ダウンスイングからコンタクトまでの左足、左膝の動きです。

ダウンスイングで一度体を沈ませてから一気に左膝を上げさせている動きが強烈です!

間違いなくこの動作が彼の飛距離のパワーソースなはずです。

みなさんもぜひ参考にしてみてくださいね!

繰り返しスイングを見ることで、そのイメージが体に伝わりト―マスのようなスイングができるようになるかもしれませんよ!

ではまた次回Grigdeでお会いしましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

いま話題(?)の“地面反発”を使って飛距離アップを目指そう!

カートに追加されました。


×