現役キャディが語る“キャディの本質”とは?
ゴルフ初心者

現役キャディが語る“キャディの本質”とは?

0

キャディをつけてプレーしたことありますか?

最近はハウスキャディをおかずにセルフプレーのみ提供しているゴルフ場もありますが、キャディが担う大事な役割とはいったいなんでしょうか!?

(写真はスカイAのリゾートトラスト レディス2018の中継より)

良いハウスキャディの心構え

良いハウスキャディの心構え

初めまして、今日から投稿させていただくけんちゃんです!

よろしくお願いします!

簡単な自己紹介です!

関西のゴルフ場で、派遣キャディとしてキャディ業務を行なっています!

プロトーナメントでも帯同をさせていただいてます!

画像は2018年関西ゴルフ倶楽部で行われたリゾートトラストレディスでの僕の写真です(笑)。

自分自身はゴルフは2年半しかしてません(笑)。

しかしゴルフにめちゃくちゃはまってしまった若者です!!

そんな僕が新人に研修する際や、実際に意識していることなど、“キャディの本質”について投稿します!!

良いキャディの業務って?

良いキャディの業務って?

ハウスキャディがお客様に対して、本当に行わないといけない業務って何だと思いますか?

クラブを渡すだけがキャディの業務ですか?
距離や、ライン芝目を読むことが業務でしょうか。

では、どれが本当の正解でしょうか!!

  • 距離計算
  • お客様を笑顔にする
  • お客様と仲良くなる
  • アドバイスをする

本当に良いキャディが目指しているもの

それは、お客様の笑顔です!

お客様と仲良くなりことも、プレーのアドバイスをすることもすべて、今日このキャディさんに出会えてよかった! って思われたいだけなんです(笑)。

何をそんな簡単なことを言ってるねん! 当たり前じゃないか!

って思っている読者のみなさま。

違います。これができていない、やろうとしないキャディは日本中いたるところにいます。

それが現状です。

理由は単純明白で、しんどいからです。

考えてみてください。

朝一から、散々こきを使われて、クラブを左腕に10本以上抱えながら、ゴルフ場を走り回るということを。

正直しんどいです!(笑)

そりゃ、何もしない人もいますよ!

けど、本質はそこではなくて、お客様が笑顔になるために、また次このキャディさんについてほしいなぁって一言言っていただくために全力を尽くす。

それが本質だと僕は思っています。

まとめ

ここから実際の経験です(笑)。

僕は、コース内でボールを前にお客様の目の前で遠くに投げたことがあります。

そんなこと普通ありえないでしょ? 僕がお客様だったら、絶対にキレていますよ(笑)。

けど、それでそのお客様はすごく喜んでくれて、終わり側にクラブハウスの受付に僕に対するお褒めの言葉をたくさんいただきました。

実際それ以降何回もつかせていただくんですが、毎回帰り際、コース内でハイタッチしています(笑)。

この行動はまさに時と場合によりますが、本当に良いキャディさんはお客様のことを一番に考えています。

お客様に満足してもらうために本気で取り組んでいます。

そう考えてプレーしていただくと、本当に良いキャディがついた場合は、最高のパートナーができてその日は最高な気分でゴルフできると思いませんか?

そしてスコアも良いはずです!

もしスコアが悪くても本当に嫌な気分には絶対になりません!

こんなことを考えているキャディもいるということを知ることができたら、キャディ付きのラウンドがもっと楽しくなると思います!


まとまりがないですが、こんな感じで初投稿は終わらせてもらいます(笑)。

今後は、キャディ目線で、ありがちなミスの原因や、プロキャディとしての顔もあるけんちゃんから考えたスコアの出し方、キャディを通した人材育成など、様々な投稿をしていきますのでよろしくお願いします!

では、また!!

皆さんのゴルフ人生に幸あれ!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

現役キャディが語る“キャディの本質”とは?

カートに追加されました。


×