足がバンカーの外のときは、下半身を動かさずクラブヘッドを落とすだけ

getty

ゴルフスイング

足がバンカーの外のときは、下半身を動かさずクラブヘッドを落とすだけ

0

バンカーショットにもいろいろなシチュエーションがあります。

よくあるのが、バンカーの左端にボールが止まっていて、スタンスがバンカーの外になるというケースです。

こんなときは、どのように打てばいいのでしょうか?

下半身が不安定だから、膝が伸びやすい

アドレスすると、当然ボールは足元よりも下にあります。

いわゆるつま先下がりのライと同じ体勢になります。

フェアウェイや法(のり)面のつま先下がりのライからのショットも難しいものですが、その状況でバンカーショットをやらなくてはいけないわけですから、さらに難易度は上がります。

直接ボールを打つわけにはいきません。ボールの手前にきっちりクラブヘッドを入れる必要があります。

ところが、このつま先下がりでは、下半身が非常に不安定です。どうしてもスイング中に膝が伸び切ってしまいます。

あるいは、横にズレてしまいがちです。

それがミスショットの原因となるのです。

がに股に構え、腰をどっしり落とす

そこで下半身が動き過ぎないように、できるだけ両足を広げ、がに股で構えるようにします。

がに股でしたら、腰をどっしり落とすことができます。

そして、その下半身を動かさないようにして、手だけでスイングします。

ボールを遠くに飛ばすショットではありません。

下半身を動かさなくても、クラブヘッドをドンと落とすだけでボールは飛んでくれます。

フォロースルーは意識しない

もちろん、手だけのスイングといっても、下半身は多少動きますが、動かさないようにと意識すれば、膝の伸び上がり、横へのズレが極力抑えられ、必要最小限だけ動くようになるのです。

フォロースルーを意識する必要はありません。

バックスイングで少し早めにコックを使ってクラブを上げ、上からドンとクラブヘッドを落とすだけです。

ボールの位置は真ん中でいいでしょう。スタンスはややオープン気味にします。

そのほうが下半身も動きにくく、手だけのスイングができるようになるのです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

足がバンカーの外のときは、下半身を動かさずクラブヘッドを落とすだけ

カートに追加されました。


×