当時100万円オーバー!?幻のケネススミスをご存知ですか?
ゴルフクラブ

当時100万円オーバー!?幻のケネススミスをご存知ですか?

0

私の記憶が確かなら、~40年前の広告にセットで100万円超えで出ていたと・・・オーダーメイドの通し番で、最高級の素材で職人が1本1本手作りで仕上げるという!

どこぞの会長さんかなんかが使っていたのでしょうか?

そのへんは不明ですが、今は「二本オープン」の会長←私が快調に使ってます!

ウッドがビューリホ―!

ウッドがビューリホ―!

きれいな木目ときれいな塗りです!

フェースには今は条約で禁止されている白い象牙? つまり贅を尽くしてるということです。

アイアンもきれいな造形

アイアンもきれいな造形

シンプルな作りですが、ボールを優しく包むような、難しさを感じさせない丸いシルエットになっています。

ソケット部分がプラスチックではなく、金属になっているのも特徴です!

そして番手表示が! 19? 99?

そして番手表示が! 19? 99?

そう、PW(ピッチングウェッジ)が19番で、SW(サンドウェッジ)が99番なのです!

あ~びっくりした! 19番ホールのお誘いかと・・・←ヤラシ!(^^ゞ

表示にもポリシーが感じられますね!

右端の波波クラブは、スポルディングトップフライトのブルドーザーという名のウェッジです。

実戦投入!

実戦投入!

使ってみてどうか?

まずアイアンのロフトが9番で48度程度なので、今のクラブより2クラブ分飛びません。

でも逆にそれが打ちやすさにつながり、番手の見栄さえなければ、重心低めのやさしいアイアンです。

さすがにドライバーは今時のクラブには飛距離では敵いませんが、フェアウェイウッドはこっちのほうがいい? と思えるほど容易にボールを拾ってくれます!

そして何よりも高価なクラブを引き継いでゴルフができることが、うれしいですね!

そういう文化継承という面では、日本はイマイチかな?(^_^;)

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

当時100万円オーバー!?幻のケネススミスをご存知ですか?

カートに追加されました。


×