Gride

gettyimages/890230866
getty

ゴルフスイング

tetsuxxx5452

打点のバラつきに悩む人注目!改善のポイントはアドレスにあり!

こんにちは!

ナイスショットしていますか?

今日はアドレスを見直すだけで、打点のバラつきが改善するかも? という話です。

どんなんかな?

それではいってみよう!

打点が不安定になる人のアドレスを見てみると

アドレスを見ればその人のハンデがわかると言えるほど、アドレスはショットに影響を与えるものです。

打点が安定しない人は、圧倒的に過度なつま先体重、かかと体重になっている人が多いです。

今日はアドレスの体重の掛け方、後ろから見たアドレスの注意ポイントを挙げていきたいと思います。

あなたのアドレスは、つま先体重? かかと体重?

意識したこともない人も多いのですが、この体重の掛け方だけで、打点が安定してナイスショットの確率が上がります。

動画は極端なかかと体重のアドレスです。

たかがアドレス、されどアドレス

アドレスでつま先体重になっているか、かかと体重になっているか? それだけのことなのですが、打点に与える影響は大きいです。

つま先体重の人はヒールに当たる傾向があり、対してかかと体重の人はトウ側に当たる傾向があるのです。

なんで? と思うかもしれませんが、つま先体重で構えると、スイングした時に働くクラブの遠心力によってボール側に引っ張られる力に対して抵抗しにくいのです。

そのためにボール側につんのめったようなインパクトなりやすく、ヒールに当たることになります。

それを避けようと腰を前に出したり頭を起こしたりして、ボールとの距離を合わそうとする動きが入ってしまうと、今度はトウ側に当たります。

対して、かかと体重の人はスイングする時に遠心力に抵抗することが十分にできるのですが、ボールに対してヘッドが向かっていく動きが弱く、逃げていく動きが強く出ます。

そのためにトウ側に当たることが多くなるのです。

正しい体重位置は?

アドレスでの体重位置で正しいのは、つま先でもなく、かかとでもないのです。

くるぶしの少し前くらいの位置が適正な体重位置となります。

この位置でアドレスを取っていると、脚、腰の正しい動きも行いやすく、しっかりフィニッシュも取れるようになります。

打点も安定して芯を食うことが多くなるために、ボールが飛ぶようになります。

自分のアドレスがつま先体重か? かかと体重か? 正しい位置か? 鏡でチェックしてみましよう。

正しい位置でアドレスできている人は、肩の前の位置がつま先とほぼ同じ、脇の位置がひざとほぼ同じになっています。

つま先体重の人は、肩の前の位置がつま先よりも大きくボール側に出ています。

かかと体重の人は、肩の前の位置がひざと同じくらいの位置にあり、おしりが下がった座るようなアドレスになっています。

アドレスを見直すだけで打点位置が安定する、ナイスショットが増えるということになりますが、このアドレスの体重の掛け方で打点がズレルということを知ると、ドローやフェードといったボールを打ち分けることにも応用できます。


いかがでしたか?

最近調子が悪いなぁと感じる人は、一度アドレスをチェックしてみることをお勧めします。