Gride

gettyimages/679578446
getty

ゴルフクラブ

REDマン

キュキュキュ!っと憧れの低い球のアプローチってどうやって打つの?

アプローチが上手な人のショットを見ていると、ボールにキレイなスピンがかかり、狙った場所にしっかり落とし、キュキュッと止めて寄せています。

同じように打てるようになりたいと思いながらも、なかなかスピンをかけられない……。

そんな人のために、アプローチでしっかりとスピンをかけ、低いボールで寄せていく方法を紹介します!

低い球で打つから「ピッチングウェッジでしょ」は大間違い!

低い弾道なのにサンドウェッジ?

そう思うかもしれませんが、まずはスピンをかけることが最優先です。

低い弾道を打ちたいからといって、ショートアイアンを使えば、スピンをかけることが難しくなります。

サンドウェッジを短く持って、インパクトの時はボールをカットするのではなく、フェースで押し込むイメージで打ってみましょう。

インパクトの後もしっかり押し続けるイメージを持つことで、きれいなスピンをかけることができます。

コツはハンドファースト! 正しく打てばスピンはかかります

getty

多くの人が、アプローチで低い球にスピンをかける方法を紹介していますが、すべてに共通しているのがハンドファーストであることです。

そしてアイアンの基本的な打ち方もハンドファーストです。

要するに、正しく打てばスピンは自然とかかるわけです。

上手くスピンがかからない人は、いつもよりも少しだけヘッドのスピードを上げてください。

無理にカットしてスピンをかけようとしないように心がけてください。

スピンは勝手にかかるものだと理解しましょう。

アプローチがオーバーするのを恐れないこと

低い球にスピンをかけるには、強く押し込むように打つ必要がありますが、これは技術的な難しさよりも心理的な難しさがあります。

スピンをかけ損なうと、ボールはグリーンの向こう側へとオーバーしてしまいます。

しかし、それを恐れていては、ショートしてばかりでスコアになりません。

思い切ってピンの近くにキャリーさせる攻め方でないと、スピンアプローチは意味がないのです。

低い球にスピンをかける最大のコツは「勇気」です。

失敗を恐れずにしっかり打ちましょう。

これができなければ、上手にスピンをかけることはできません。

それでもスピンをかけることができない人はボールの位置を変える

いつも通りハンドファースト、そして少しヘッドスピードを上げてもスピンのかかりが悪い人は、ボールを少し右足側にセットするようにしてください。

フェースでカットするのではなく、フェースでボールを包み込むような打ち方になり、しっかりスピンがかかります。

そして、そもそも論なのですが、アプローチでスピンをかけたければスピン系と呼ばれるウレタンカバーのボールを使いましょう。

それだけで簡単にスピンがかかることもあります。


アプローチで低い球にスピンをかけることで重要なポイントは、基本をしっかり身に付けることにあります。

小手先で上手くスイングしようとせずに、まずはまっすぐキレイなアプローチができるように練習することから始めましょう。