低く引いて低く打ち出すのが、転がりのいいパッティングのコツ

getty

ゴルフスイング

低く引いて低く打ち出すのが、転がりのいいパッティングのコツ

0

パッティングストロークは、パターヘッドを真っすぐ引いて、真っすぐ打ち出すというのが基本です。

この正しいストロークが安定してできないと、スピードの一定した転がりのいいボールは、いつまで経っても打てません。

パターヘッドの芯でボールの芯を真横からヒットする

パッティングで一番大切なことは、目標線の上を等速で真っすぐ引いて、真っすぐ打ち出し、パターヘッドの芯でボールの芯を真横からヒットすることです。

ヒット直後、ボールは最初の10~20センチくらい(打つ距離によって違う)は、回転しないで芝の上を滑っていき、それから前に転がり出します。

これが最もスピードの一定した転がりのいいボールなのです。

肩の回転でストロークする

テークバックとフォロースルーを低く取るためのストロークのコツは、手先ではなく、肩の回転で振り子式に打っていくことです。

地面に沿って引いていこうとすると、手先だけで引っ張りがちですが、安定性と再現性を追求するなら、肩の回転で打っていくのがベストです。

振り下ろすスピードをボールに乗り移す

ショルダーストロークは、肩が縦回転します。

テークバックのときは左肩を飛球線後方へ押し込んでいかなければ、地面スレスレに引くことはできません。

反対に、フォロースルーのときは、右肩を前方に押し込んでいかなければ、低く打ち出すことはできません。

また、パターヘッドのスイングスピードとボールが転がり出すスピードの関係については、カーリングの助走とストーンのスピードが同じように、振り下ろしてきたパターヘッドのスピードをそのままボールに乗り移らせることも大切です。

両者のスピードを一定にできれば、滑らかな転がりのボールが打てるようになります。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

低く引いて低く打ち出すのが、転がりのいいパッティングのコツ

カートに追加されました。


×