【グリーン上でのマナー】マーカーについて学ぼう♪

【グリーン上でのマナー】マーカーについて学ぼう♪

お気に入り

パターマーカーの方法を、誰かにちゃんと教えてもらった人は意外に少ないのではないでしょうか。

見よう見まねでいつの間にか自己流でやっていたら、実はマナー違反で注意されるというようなことがときどきあります。

ここではパターマーカーの正しいやり方について説明しますので、参考にしてください。

パターマーカーのやり方はマナーの意味を知ることが大切です

ゴルフのルール(ゴルフ規則)によると、グリーン上では「ボールを拾い上げて綺麗に出来るが ボールを正しくマークしなければならない。」とあります。

本来はパターマーカーは汚れたボールをキレイにするためのアイテムでした。

ゴルフでは、グリーン上で他の人のボールに当てたら2打のペナルティになるというルールがあります。

もしパッティングラインに誰かのボールがあったら、邪魔なボールは拾い上げておけば、ペナルティになることもありません。

パッティングする人への気遣い。
これもグリーン上でのマナーになります。

パターマーカーの基本的なやり方

パターマーカーはパットラインの反対側、カップに向かって手前側でマークします。

ボールから2インチ(約5cm)以内にマークしましょう。ボールを拾い上げてからマークするのではなく、先にマークをするのがルールですから、順番を間違えないようにしてください。

ボールの後ろにマークするのはルールではなく推奨ですが、あえてボールの横にマークするようなことはやめましょう。

ボールから2インチ以上離してマークするのは1打のペナルティになります。

ちなみにマーカーは専用品ではなくコインなどでも問題ありません。

パッティングラインにマーカーがあるとき

パターを打とうとしたときに、パッティングラインに他の人のマーカーがかかっているようなことがあります。

このような場合は、マーカーをずらしてもらうことも可能です。

もちろん自分が依頼されることもありますが、「ずらしましょうか?」などの相手への気遣いがアドバイスとみなされてルール違反となる可能性があるので、やめておくのが無難です。

そのような場合は、パターヘッドひとつ分だけ邪魔にならない側にマーカーを移動させます。

どちらに動かした方がいいかは、パターをする人に確認するといいでしょう。

ちなみにマーカーを動かした後、間違ってそこから打った場合は2打のペナルティになりますので、元の位置に戻すのをお忘れなく。

マーカーをして欲しいと依頼されたら応じる

マーカーそのものはマナーですので、他の人のライン上にあるボールでも、必ずマークしなければいけないということはありません。

しかし同伴者にマークして欲しいと頼まれた場合は、その依頼に応じる必要があります。
これはマナーではなくルールです。

また、ボールをマークしないことは自由ですが、万が一グリーン上で同伴者が打ったボールと、自分のボールがぶつかってしまった場合は同伴者に2打罰が付きますので注意が必要です。

パターのマークをスムーズにできるようになると、周りが見えている証拠ですので、一人前のゴルファーの証とも言えます。

最初はぎこちなくてもかまいません。一緒にラウンドする人のための気遣いを忘れずに、スマートなゴルファーを目指しましょう。

お気に入り
uchidaruma

シングルプレイヤーになって5年 アスリートゴルファー目線の記事を書かせていただいてます

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。