風に負けない低いボールを打つ2つの打ち方

getty

風に負けない低いボールを打つ2つの打ち方

お気に入り

低いボールを打つには大きく2つの方法があります。

上からボールを潰すように打って、球筋を低く抑える打ち方と、もうひとつはスピン量を少なくして、球筋を低くする方法です。

ボールを右足寄りに置く

ボールを右足寄りに置く

getty

まず、ボールを潰す打ち方ですが、これはハンドファーストの度合いを強め、クラブフェースを立てます。

手の位置は変えずに、ボールを通常よりも1~2個分右に寄せます。

ロフトが立ちますからボールは低くなりますが、さらにスピンをかけながらコントロール性を高めたいのであれば、右腕で叩くイメージを持ちます。

ダウンスイングで右手首は甲側の形を壊さないで、ボールを急激に上から叩いていきます。

こうすると、スピンは強くかかるものの、高く上がらずに低い球筋で飛んでいき、落下してからのランはあまり出ません。

ヘッドスピードを落として、バックスピン量を減らす

ヘッドスピードを落として、バックスピン量を減らす

getty

もうひとつのスピンをかけない打ち方は、スイングを一定のゆっくりしたスピードにして、ロフトの立ったクラブで力を加えないで打ちます。

スイングリズム的には、バックスイングとダウンスイングの速さを同じにします。ゆっくり振り上げたら、ゆっくり振り下ろすのです。

ヘッドスピードが遅ければ、バックスピン量が減り、ボールは高く上がらないのです。

ボールを打つというより、正確にスイング軌道をなぞる意識を持ちます。

この打ち方はスピンがかからないので、低くドロンとしたライナー性のボールになります。

スイングイメージで、打ち方を決める

スイングイメージで、打ち方を決める

getty

低いボールの打ち方は、このように2つありますが、ボールを潰す感覚で打つか、力を抜き、スピードを緩めて打つかは、好みのスイングイメージで決めます。

ボールを強く叩きたい人は前者の方法を選べばいいし、スイングをゆっくりにしてボールを打ちたいのであれば、後者のほうが有効な打ち方です。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH