【応用編】絶対決めたいパット!そんな時のラインの読み方のコツ!

お気に入り
このパット、決めたい! そんな時に……。

パッティングのラインの読み方の手順にはいくつかのセオリーがあるので、知っておくといいですね。

この記事ではパターラインの読み方の手順や芝目についてお話ししていきます。

手順1.最も低い位置を確認する

手順1.最も低い位置を確認する

getty

まずは、グリーン全体を眺めて、大きな傾斜や起伏の状態を見るようにします。

グリーンに上がってくるまでの間に、周りの背景なども含めて見ておくようにすると、地形の傾きや起伏を大きくとらえることができるのでおすすめです。

こうすることでグリーン上の地形がどのようになっているのかもある程度読み取ることができます。

このときに、グリーンの一番低いポイントがどこにあるのかということを、必ず確認しておくようにしましょう。

手順2.ボール側とカップ側から確認する

まずはボールの後ろ側から見て、カップまでのラインを確認します。

左右のどちら側が低いのか、上りか下りかなどをチェックしましょう。

もしもわかりにくいと感じるときには、初めに確認した全体の傾斜の様子を参考にしてみてください。

次に、カップの反対側からの確認です。

このとき、できるだけ低い位置から確認しましょう。

そうすることで微妙な起伏やうねりが見えやすくなります。

目線を地面に近くすればするほど、地形の情報をより詳細に把握することができます。

手順3.低いポイントから確認する

手順3.低いポイントから確認する

getty

最後にもう一箇所。

ボールとカップを結ぶ線の周りの低い位置からも、ラインを確認します。

例えば、右が低い時は右側から、左が低いなら左からです。

低いポイントから高いほうを見ると、ラインをより明確に知ることができる場合があります。

ラインを確認し終えた時に、確認した場所によってラインが違う風に見えるケースもあります。

この場合は、カップ側からカップ周りの傾斜を含めて確認したラインが、最も信頼性が高いと思います。

パターラインの読み方・芝目について

パターラインの読み方・芝目について

getty

芝目もラインに大きく影響する要素です。しっかり確認しましょう。チェックポイントは以下の通りです。

・カップ
カップを上からチェックして、芝の葉先が向いている方向を確認します。葉先が向いている方が順目です。

・芝の明るさ
ボールの後ろからチェックをする際、芝が光って明るく見える場合は順目、暗い場合は逆目という場合が多いです。

・水源の方向
周辺に海や川、湖などの水源がある場合には芝は水源に向かって伸びるので、水源方向に順目となります。

・山の方角
山岳コースの場合、山に向かって逆目となる場合が多いです。

・方角
一般的に、太陽が沈む西の方角に向かって芝は伸びます。そのため、西に向かって順目となります。

・(おまけ)排水溝
芝目ではありませんが、グリーン周りに排水溝が見つけられれば、それがある方向が低い位置です。


応用編で少し複雑にはなりましたが、パッティングラインの読み方の手順がおわかりいただけたでしょうか。

手順がわかれば、あとは経験を積んで判断材料を増やすことで、上手にラインが読めるようになると思いますよ。
お気に入り
REDマン

ゴルフって楽しいそんなことを伝えていきたいと思います。

このライターについてもっと見る >
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101

カートに追加されました。