フィニッシュを美しく♪きれいなフィニッシュを作るポイント3つ!

getty

フィニッシュを美しく♪きれいなフィニッシュを作るポイント3つ!

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

「終わり良ければすべてよし」なんて言葉がありますよね。スイングだってフィニッシュが決まっていないと、なんだか不格好になってしまいます。

美しいフィニッシュはそれだけスイングそのものも美しい証拠です。

このフィニッシュをキレイに決めるにはどんなことに気を付けたらいいんでしょうか。

フィニッシュがきれいじゃないのは体重移動ができてない

フィニッシュがきれいじゃないのは体重移動ができてない

getty

まずフィニッシュが美しくない人。

体重移動ができていない人は必ずといっていいほど、フィニッシュが美しく収まりません。

フィニッシュを美しく決めるには、スイング後に左足に体重が乗って、右足はつま先でまっすぐ立っていなければいけませんからね。

インパクト後に右足に体重が乗る、いわゆる“明治の大砲”や、背中側によろけてしまう人は体重移動の方向がそもそもズレているわけです。

体重移動が上手くいっていないので、スイングバランスも悪くなりやすく、打点のバラつき、ひいてはスコアが崩れる原因にもなっているんですよ。

まずは美しいフィニッシュを作ってみよう

まずは美しいフィニッシュを作ってみよう

美しいフィニッシュが取れていない人は、まず最初からその形を作ってしまいましょう。

フィニッシュで足が崩れる人の多くは、左足にきれいに体重を乗せられていないはずです。でも足の形をまず作ってしまうだけならできるはず。

スイングの最後に、この形に収まってくれればいいわけですよね。

体重配分は左足9に対して右足が1程度でしょう。

右足に関しては地面につま先だけが触れている状態で真っすぐ立っているのが分かります。

強く地面を踏んでいるわけではありません。

スイングのフィニッシュでは、最終的にここまで体重が前に乗らなければいけないわけです。

すくい上げちゃダメ!

すくい上げちゃダメ!

体重をしっかり左足に乗せるには、すくい上げるスイングではできません。

それは前に移動させたい体重が、上に移動してしまうのでスイングにつられて右足に体重が残ってしまいます。

ドライバーは少しだけアッパーブローで打つ場面が多いですが、極端に右足に体重が残るほどすくい上げてはいません。

レベルスイング~ダウンブローにスイングできれば、左足に体重が乗った美しいフィニッシュが作りやすくなります。

体は残す、ヘッドは前に出す

体は残す、ヘッドは前に出す

フィニッシュを左足に乗せる、と聞いて一番勘違いしやすいのがこれ。

体を前に出そうとしてしまうんですよね。実は体を前に出してしまうと、体が背中側に倒れてしまう形になるんです。

すると後ろによろけてしまい、お世辞にもきれいなフィニッシュとは言えない形に。

体重をきれいに左足に乗せるためには、体は前傾姿勢を保ったまま前に出ないようにします。

そしてヘッドを前に走らせるようにするといいでしょう。

自然と左足に体重が乗って、美しいフィニッシュが取れるようになりますよ。

目指せ、美スイング!

目指せ、美スイング!

getty

フィニッシュがきれいに決まるだけで、美スイングにぐーんと近づいてきますよね。

スイングがきれいになれば、見た目だけでなく正しいフィニッシュ、正しい体重移動が理解しやすくなりますのでぜひ練習してみてください。

○右足は真っすぐ立てる
○左足にしっかり体重を乗せる
○フォローで体は前に出さない&ヘッドを前に出す

この3ポイントをしっかり押さえて目指せ、美スイング♪

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


求人