左膝を正面に向け続けることで、アウトサイドインのスイング軌道を改善

getty

ゴルフスイング

左膝を正面に向け続けることで、アウトサイドインのスイング軌道を改善

0

スライスボールが出る2大要因は、インパクトでのクラブフェースの開きとアウトサイドインの軌道にあります。

外から中へアウトサイドインの軌道で振ると、クラブフェースでボールを斜めにカットする打ち方になって、ボールに右回転を与えてしまうからです。

これにフェースの開きが加わると、スライスはさらに大きくなります。

ボールに当てる意識があると、カット打ちになる

アウトサイドインの軌道になる大きな原因は、ダウンスイングで左腰が後ろに逃げる動きにあります。

クラブヘッドをボールに当てる意識ばかりが先行し、ダウンスイングでいきなりボールを打ちにいくと、右肩が前に出て、その勢いで頭も左に動いてしまいます。

すると、左腰が後ろに引けて、クラブを大きく外から内への軌道で振るしかできなくなるのです。

左膝を正面に向けたまま踏ん張る

ダウンスイングの始動は下半身から行わなければいけません。

まず左膝から始まり、腰の回転、肩、腕と下半身から上半身へと移っていくのが正しい順序です。

この順番を無視してボールを打ちにいってしまうから、アウトサイドインの軌道になってしまうのです。

ダウンスイングでは、右サイドからの体重移動で徐々に加わる力を左足親指の付け根で受け止め、左ひざを正面に向けたまま踏ん張ります。

そうすると、左太ももの内側に強い緊張が走ります。これがいわゆる左の壁です。

左膝を正面に向けたまま、右腕を目標方向に伸ばす

インパクトでは頭をボールの後ろに残したまま振り抜きます。

膝の向きはフォロースルーまで変えてはいけません。

左膝を正面に向けたまま、右腕を目標方向に伸ばしていきます。

そうすれば左足が1本の軸となり、その上で左腰も回転していきますので、左腰が後ろに逃げることもなくなります。

こうすることで、アウトサイドインのスイング軌道が改善され、球がつかまるようになるでしょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

左膝を正面に向け続けることで、アウトサイドインのスイング軌道を改善

カートに追加されました。


×