キャデイが教える、自宅でできる!絶対に上手くなるアプローチ練習法!

お気に入り
自分でやっていたら、ものすごく効果のあったアプローチ練習法を紹介します。
メンバーさんやキャディ仲間数人に教えましたが、信じてやった人は全員上手くなりました。

信じるか信じないかは、あなた次第ですm9(°∀° )

使うのはコレ!

使うのはコレ!

楽天ゴルフ

そう。何の変哲もないパターマットです。長さも普通の2メートルちょっとくらいので十分。画像のように、カップ付近が登っているタイプが良いかな。それとサンドウェッジとボールです。

なんでパターマットなの?

なんでパターマットなの?
写真のような、芝の薄いライに似ているからです。トップやチャックリといったミスが出やすい、嫌な予感のするライです(笑)

なんで?

ミスの許容範囲がとても狭いからです。芝のあるライは、多少のダフリのミスは許してくれます。スコアラインの2、3本上で打ったところで、ちょっとショートするくらいなものです。

「弱い!」とか言っちゃって、ミスしたことすら気が付かない人がほとんど。

でも、薄芝はそうはいきません。ボールをクリーンに打てないと、上手くいかないライなのです。

なんでサンドウェッジなの?

なんでサンドウェッジなの?

getty

私はいつもアプローチウェッジなの! っていう人もいるかもしれませんが、この練習ではサンドウェッジを使いましょう。

なんでサンドウェッジ?

バウンスが邪魔だからです。

バウンスがわからない人は、ググってみてください(笑)。

これがあるおかげで、いろいろなライからやさしく打てています。でも、唯一邪魔になるのが薄芝と硬いバンカー。

サンドウェッジを使うことで、条件をさらにシビアに設定することができるのです。

どんな練習をするの?

どんな練習をするの?

getty

キャリーで1ヤードを打ってください。

キャディをしているとよくわかるのですが、実際アプローチって、写真のような状況がとても多いんです。

グリーンのすぐそばに外れました。でもパターは使えませんっていう状況。2グリーンのコースだと余計です。キャリーで5ヤード以内のアプローチがほとんどなんじゃないかな。

なのに、たいていの人がこの距離が苦手。

そりゃそうです。キャリーで10ヤード、20ヤード、30ヤードっていう練習はしていても、5ヤード以内ってなかなか練習しないですものね。

めっちゃ難しいです(;´Д`)

めっちゃ難しいです(;´Д`)

getty

やってみたらわかります(笑)。

キャリーで1ヤードって、手を使ったらまずミスしか出ないです。普段どれだけ手を使っているかを思い知らされます。

何か壊したりしないよう、カップの先にクッションを置いておくことをオススメします(笑)。

なかなか上手く打てないと思いますが、めげずに続けてみてください。

だんだんコツがわかってきて、わかってくるといろいろなことができるようになってきます。カップインを狙ったり、カップの横にスピンを効かせて止めてみたり。

寄せワン確率めっちゃ上がりますよー。

では、打ってみます!

1発録りです。ドヤッって感じです(笑)。っていうか、誰でもできるようになりますよ。

長くなってしまいました。需要があるようなら書きますねー。

ではまたー( ´ ▽ ` )ノ
お気に入り
Kenjiiii

千葉の人気コースでキャディやってます( ´ ▽ ` )ノ キャディ目線でゴルフいろいろ話をUPします。

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
フォーティーンIF700FG 200716-816

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901