ショートアイアンこそ手先に頼らず、体との一体感を感じながらスイング

getty

ゴルフクラブ

ショートアイアンこそ手先に頼らず、体との一体感を感じながらスイング

0

ショートアイアンは短くて扱いやすいクラブですので、ついスイングの基本を忘れて、器用な手先だけで振ってしまいがちです。

しかし、ショートアイアンだからこそ、手先だけで打たないように注意する必要があるのです。

前傾角度は深く、アップライトに振る

アドレスでは背筋に張りを持たせ、棒立ちにならないように正しい前傾姿勢を保ち、基本に忠実な構えをします。

アドレスでの手と体の間隔は、他のクラブと同じで拳1個半程度です。

ショートアイアンだからといって、手は特に近くに寄せることはしません。

グリップは左太ももの内側前にセットします。

シャフトが短いので、ボールと体の間隔は近くなっていますので、体の前傾角度は深くなっています。

もちろん、スイング軌道はアップライトになります。

コンパクトなスイングを心掛ける

ショートアイアンが上手く打てない人は、ボールと体の距離が遠すぎることが多いようです。

そのため、手がアゴからの垂線より前に突き出ています。

クラブの長さに対して、スイング軌道がフラットになり過ぎるので、クラブフェースの向きが狂いやすくなるのです。

トップは、グリップを右肩の位置に収めます。

飛ばすクラブではありませんので、シャフトが地面と平行になるまで上げる必要はありません。

ましてやそれ以上のオーバースイングは避けましょう。

体の回転を重視して、ワンピースに振る

スイングも体の回転を使って、クラブの重みを手に感じながら、リズムよく振っていきます。

クラブが短いため、手で操作しがちですが、手首をコネないようにして体の回転を重視してワンピースに振っていくことが大切です。

スイング中にスピードを緩めたり、逆に上から叩き込んで、インパクトで止めたりしてはいけません。

これがショートアイアンのスイングなのです。

クラブが短い分、腹筋や背筋などを使ってスイングします。

体幹の仕事量が多くなっていることを感じながらスイングしましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ショートアイアンこそ手先に頼らず、体との一体感を感じながらスイング

カートに追加されました。


×