これさえ準備しておけば大丈夫!雨の日に心がけたいこととは

https://www.instagram.com/p/455nM0GUbq/

これさえ準備しておけば大丈夫!雨の日に心がけたいこととは

お気に入り

ゴルフを楽しむのならば誰だって晴れた気持ちのいい日がいいに決まっています。

ただ天気だけはどうにもならないときってあるんですよね・・・

時には雨が降りしきる中でのラウンドもしなければならないときがあるんです。

そんな憂鬱な雨ですが、雨の日の準備をしっかりするだけで少しでも対策をすることができるんです。

雨の日のギアやプレーの仕方について考えてみましょう!

雨の日のプレーの仕方~グローブとスイング~

雨で一番困るのがやっぱり滑ることではないでしょうか。

普段通りにスイングするだけで、ズズッと滑る感覚が伝わってくると、もう怖くてしっかり振れませんよね。

まずグローブですが「人工皮革」のグローブを選ぶと滑りにくくなります。天然皮革の素材だと水濡れに弱く、グローブそのものがブヨブヨになってしまいます。

対して人工皮革は水に濡れてもグリップ力はほとんど落ちません。天候に応じてグローブを準備してしまいましょう。

そしてスイングはいつもより1割だけ力を抜いてスイングするイメージを持ったほうが無難です。

雨で距離が落ちるからといって、力いっぱいにスイングしてしまうとショットが乱れる原因になってしまいます。

雨の日のプレーの仕方~シューズ、ソックス~

雨だと靴が濡れて気持ち悪い思いをした方は多いでしょう。

靴の中で水浸しになってしまうと、それが気になって集中力が切れてしまうこともあります。

ゴルフシューズの中には防水機能が高いゴルフシューズがあるので1足持っておくと便利かもしれませんね。

しかし100%水の侵入を防ぐことができるものではありません。

そんなときには「防水ソックス」を準備してみてもいいでしょう。

やや値段は張りますが、完全に水を通さない仕様になっています。ソックスの中に水を入れても、外に水が滲みでてこないというシロモノです。

雨の日のプレーの仕方~タオルなど~

雨の日のプレーの仕方~タオルなど~

getty

グリップなどの感覚が変わってしまうのを嫌うゴルファーはたくさんいますよね。

そこで、雨でもなるべく乾いたタオルで、グリップを拭きとって普段に近い状態を作りだしてあげましょう。

チャック付きの袋などに入れて、2~3枚持ち歩けばなんとか凌ぐことができるでしょう。

一緒にラウンドする人との条件は全く一緒ですので、いかに雨による影響を少なくできるかを考えることでスコアに差がつきますよ。

こういった細かな準備が非常に大切になるんです。

雨の日のプレーの仕方~ダウンブローを意識~

雨の日のプレーの仕方~ダウンブローを意識~

getty

道具の準備だけでなく、打ち方にも気を配ると雨でも大きくスコアが崩れません。

水を吸った芝は非常に重く、柔らかくなっています。スイングの途中でリーディングエッジが芝に刺さるとそのままザックリいってしまうことが多発します。

そのためアイアンやウェッジではダウンブローを意識して、ボールをしっかり上から叩いてやるスイングが必要になります。

アドレスでボールを後ろから覗き込むタイプの人はダフりやすいので要注意。

ボールを真上から見下ろしてやると多少緩和されてくるでしょう。

いかがでしたか?
雨の日のプレーではレインウェアは必須ですが、それ以外の準備やプレーの仕方も柔軟に対応できるようにしておきましょう。

天候条件はみんな一緒です。その天候にいかに左右されず、自分のゴルフができるか腕の見せ所ですね。

お気に入り
mariko

休日はゴルフ場かディズニーにしかいないですw

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。