もっと飛距離を伸ばしたい!ショットでタメを作る練習法

お気に入り
パワーはあるはずなのになぜか飛距離が伸びない。

そんなゴルファーさんいませんか? ゴルフで飛距離を伸ばすにはパワーだけじゃダメなんです。

ポイントは「タメ」です。

ここではパワーに頼らずに、飛距離を伸ばすためにショットでタメを作る練習法を紹介します。

右肘をギリギリまで曲がった状態をキープする

タメを作ることができていない人のほとんどが、スイング中に右肘が伸びてしまっています。

ショットでタメを作るためには、右肘はインパクト間際まで曲げておく必要があります。

そして、インパクト後に一気に伸ばします。

練習法としては、右手にクラブを持ち、片手で軽くスイングをしてください。

この時左手で右肘を軽くつかんで、スイング方向に引っ張ってください。

この動作を何度も行い、右肘の動きを体で覚えてください。

この感覚が身につけば、実際にボールを打つときもタメを作ったスイングが可能になります。

切り返し以降、スイングは左腰を先行させる

タメを作るためのスイングとして、もうひとつ重要なのが左の腰の動きになります。

切り返しで左の腰が先行せずに腕からダウンスイングを始めてしまうと、タメが作れずに、十分な飛距離を確保できません。

タメを作るためのスイングの基本は横振りになります。

腕から切り返すとクラブが縦に降りてきます。

左腰を若干左にスライドさせる(英語ではこの動きを“bump”と呼びます)ことにより、クラブがプレーンに乗り、横振りになります。

左腰を左にスライドさせた後、左ポケットを後ろから引っ張られたかのように、思い切り後ろに回すのです。

すると、体の回転に釣られてクラブが後からついてきて、自然とタメができます。

まずは左の腰の使い方を覚えてください。

トップで2秒間スイングを止める練習法

トップで2秒間スイングを止める練習法

getty

タメを作ることができないゴルファーは、ショットのとき、クラブがトップに入ってから打ち急ぐかのように手だけで振ろうとしています。

大事なのは、右肘を曲げたままインパクトを迎えることと、左腰から切り返すということです。

2つの感覚をつかんだら、実際にクラブを手にしてスイングしてみましょう。

トップの位置にクラブが来たらそこで2秒間止まってみてください。

そして左の腰を左に押し出すようにスイングを再始動させます。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくると「タメを作る」感覚がわかってくるはずです。

タメを作るためにあえてタメを意識しない

タメを作るためにあえてタメを意識しない

getty

タメを作ろう作ろうとするからショットがおかしくなってしまいます。

正しい体の動きができれば、タメは自然とできてきます。タメを作る練習法は上の2つのイメージを大切に、トップで2秒止める練習を重点的に行ってください。

右足から左足への重心の移動をするときに、左腰を先頭に重心移動できているか。その重心移動に右肘もついていっているか。

それぞれが連動していれば、タメは自然とできているはずです。スイングするときに「重心移動・左腰・右肘」と呪文のように唱えてみましょう。

タメができたほうが飛距離を稼げますので、ぜひとも取り組んでほしいのですが、タメを意識するあまりスイングがおかしくなってしまうこともあります。

まずは、左の腰から動かすこと、インパクトまで右肘を伸ばさないこと、この二つを意識して練習してみてください。

そしてできてきたと思ったら、自分のスイング動画を撮影してみてください。きっとカッコいいタメができていると思いますよ!
お気に入り
keiman

ゴルフ好きなおっさんです!ミーハーゴルファーですが楽しく執筆していこうと思いますのでよろしくお願いします〜

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。