柔軟性のある手首と腕は全身の動作がクラブに伝わりやすく美しいスイングに!
ライフスタイル

柔軟性のある手首と腕は全身の動作がクラブに伝わりやすく美しいスイングに!

0

手首や腕、また手のひらに疲労は溜まっていませんか?

手首や腕の疲労は手首を固めてしまい、全身の動作がクラブに伝わりにくくなってしまいます。

また、手首の固さをカバーするためにヒジが曲がってしまうんです。

手にはたくさんの骨があり、たくさんの筋肉が集中しているので、日常生活でも、疲労がとても溜まりやすい部分でもあります。

日常生活から手首のストレッチをしてみませんか?

手首・腕全体を伸ばして柔軟性アップ!

手首・腕全体を伸ばして柔軟性アップ!

1.四つんばいの体勢になります。

2.右の手の指先を自分の方に向けて手のひらをしっかり床につけます。この状態でも、手首が固いとちょっと辛いかもっ!?

3.息を吐きながら、手のひらが床から離れないように身体をゆっくり後ろに引き、チョット痛いけど気持ちいいと感じるところで大きな深呼吸を3回。

ゆっくり戻ります。

4.反対側の手も同じようにストレッチ

コツは『気持ちいい』です。痛いところまで伸ばさないように!!

2の状態でも十分に伸びるので慣れるまで2でキープでもOKです。

手の甲側も伸ばしてみましょう。

手の甲側も伸ばしてみましょう。

1.手の指先を自分の方に向けて、手の甲を床につけます。

2.息を吐きながら身体を後ろに引いて、大きな深呼吸を3回

3.反対も同じようにストレッチ!

普段意識して伸ばさないので手の甲側の方が固いと感じる方も多いと思います。手のひら側と同じように慣れるまで1でキープしてみてください。

身体を良い状態にするには、毎日の積み重ね

手は、デスクワークはもちろん、日常生活でも疲労がとても溜まりやすいところです。

ゴルフを楽しむためにも、クラブをきちんと握る、力を伝えるための手首や手の疲労を溜めないように、日頃からストレッチを行なって柔軟性を高め身体を良い状態に保ちましょう。

手首のストレッチは腕や肩のコリもほぐれ、呼吸も深くなるので、とってもおススメです。

ただ、痛いストレッチではなくて『気持ちいい』を優先してください。

慣れて来たら少しずつ深めてください。

身体がとっても喜んで、ゴルフがもっと楽しくなります。

それでは今日もステキな1日を♡

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

柔軟性のある手首と腕は全身の動作がクラブに伝わりやすく美しいスイングに!

カートに追加されました。


×