ヘッドスピードが45メートル/秒なのにドライバーの平均飛距離が190ヤード?

getty

ゴルフ初心者

ヘッドスピードが45メートル/秒なのにドライバーの平均飛距離が190ヤード?

0

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

先日のラウンドは前半がスコア50、後半挽回して43の、トータル93でした。

この日はラウンド前半でドライバーショットを2回OBしてしまい、ティーショットの平均飛距離が190ヤード。

ドライバーを封印してユーティリティーでティーショットを打ったラウンド後半は、ティーショットの平均飛距離が200ヤードに伸びたので、スコアメイクが楽になりました。

えっ!? ドライバーの平均飛距離よりユーティリティーの平均飛距離が10ヤードも上回るなんて、そんなバカな…。

でも、それが現実なんです!

240ヤードは“最大飛距離”

私のドライバーのヘッドスピードはMAXで45メートル/秒(m/s)くらいで、飛距離の目安は230~240ヤード(打ち下しではもう少し距離が伸びます)。

ほら、やっぱり平均飛距離が194ヤードだなんて嘘っぱちじゃないか、と思われたかもしれません。

しかし、実際に計算すると…。

先日のラウンド前半は、7回のドライバーショットのうち2回がOBでした。

OBでプレーイング4からのプレー再開の場合、2罰打が課せられますから、次打は4打目になります。

ということは、約240ヤード先のプレ4地点までに3打費やしていますから、極端にいえば、OBを打ったホールの1打目の飛距離は80ヤードしか飛ばなかったことになります(240ヤード÷3打)。

ですから、2回のOBの際の平均飛距離は80ヤード。

残りの5回を“最大飛距離”の240ヤード飛ばしたとしても、7回の平均飛距離は194ヤード止まりなわけです。

(80×2+240×5)÷7≒194

となります。

ユーティリティーは安定の“200ヤード”!

ユーティリティーは安定の“200ヤード”!

いっぽうでドライバーを封印してラウンド後半のティーショットで使ったのはアイアン型ユーティリティーの3番(ロフト21度)。

私の場合、3番ユーティリティーの最大飛距離はキャリーで200ヤード。

ユーティリティーを使ったラウンド後半の7回のティーショットは、おかげさまでOBもなく、フェアウェイか悪くてもセミラフをキープできました。

薄い当たりもあり、ランが出てくれて210ヤードくらい飛んでくれたショットもありと、飛距離のバラつきはありましたが、平均飛距離は200ヤード。

ラウンド前半の平均飛距離を10ヤード弱上回ったというのは、紛れもない事実なのです。

さらに言えば、この日のドライバーショットは、OBじゃなかったホールでもフェアウェイキープは1回もなく、ほとんどが大きく曲げて深いラフにつかまりました。

これを加味すれば、ユーティリティーでのティーショットとの飛距離差は、実質は15~20ヤードはあったのかもしれません。

必要なのは“一発の最大飛距離”ではなく“安定した平均飛距離”

ゴルフは上がってナンボ。

すごい飛距離が出せると言っても、それが数回に1回にしか出せない“一発の最大飛距離”だったら、スコアメイクにはあまり意味を成しません(スコアではなく、ただただ飛距離のみを追究しているのならば別ですが)。

あくまたでめスコアメイクに必要なのは“安定した平均飛距離”なのです。

気になった皆さんは、過去のラウンド結果や次回のラウンドでティーショットの平均飛距離を算出してみてください。

その結果を踏まえてラウンドや練習に取り組むだけで、マネジメント力やスコアの向上につながると思いますよ。


というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ヘッドスピードが45メートル/秒なのにドライバーの平均飛距離が190ヤード?

カートに追加されました。


×