ヘッドを減速させるとミスに!?飛距離のコントロール方法にご用心

getty

ヘッドを減速させるとミスに!?飛距離のコントロール方法にご用心

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

パターがダフった、アイアンでダフって引っ掛けた、ウェッジでだるま落としに・・・こんなミス、考えたくもないんですが出るときには出てしまうものです。

ミスが顕著に出るクラブではもちろんのこと、パターですらダフったりするミスが起こるんですよね。

実は飛距離をコントロールするときにNGを犯していることが原因の1つ。

飛距離のコントロールが求められるアイアンショットやウェッジ、パターでは「ヘッドの減速」が悪さをしていることも?

ヘッドの減速ってなんだ?

ヘッドの減速ってなんだ?

getty

ボールより手前の地面を叩いてしまうダフり。上級者やプロだってダフりが出ることもあるんですが、アベレージゴルファーの場合はさらに頻発していますよね。

ここでは目一杯打つショットは除外して、飛距離のコントロールをしなければならない場合に焦点を当ててみたいと思います。

飛距離を少し調整したいとき、インパクト前に少しスイングを緩めたりしていませんか? そしてそんなときに限ってダフりのミスが多く出ませんか?

飛距離を調整しようとして、スイング中にヘッドスピードが減速すること。これがヘッドの減速です。

意外と気付かない内にやっている人も多いんですよ。

ヘッドが減速する=手元が緩んでいる

ヘッドが減速する=手元が緩んでいる

getty

ヘッドが減速するのは、インパクト前に手元が緩んでいる証拠です。

ダウンスイングで加速してきたヘッドは、手元が緩むとヘッドが下に落ちるんですよね。

こうなるとボールの手前を叩いてしまう「ダフり」が発生するメカニズムの1つになるわけです。

これ、通常のショットに限らず、パターだって同じこと。

パッティングのテークバックから切り返しのときに「あ、デカい!」という迷いが出て、少し緩めてしまったりした経験は誰しもあると思います。

そしてこの行動がパターのダフりにつながったことも・・・。

飛距離のコントロールはヘッドを緩めない

飛距離のコントロールはヘッドを緩めない

getty

飛距離をコントロールしたい場合、インパクトでヘッドを減速させてしまうといい結果を生みません。

そのため飛距離を調整する場合、

・短く持つ
・ヘッドを同じスピードで動かす
・クラブを変える

などの方法で飛距離をコントロールしていきましょう。

特にグリーン周りからウェッジを使う場合、頻出のシチュエーションですよね。

間違ってもインパクト前にヘッドスピードを落として調整しようとしてはいけません。

上手く行くこともあるんですが、ミスの確率がどうしても高くなってしまいます。

間違えやすい!手元の減速はOK!?

ヘッドを減速させるとミスの原因になるんですが、手元を減速させるのはOKです。

あくまで減速させていけないのは「クラブヘッド」であって、手元はヘッドを走らせるために減速させるのは必要だからです。

減速させてはいけないのは「クラブヘッド」ですよ。

実際にプロゴルファーのショット動画を見てみても、インパクト前後で手元は大きく減速しています。

これはヘッドを走らせて飛距離を出すために必要な動作。勘違いしないようにご注意ください!

ゴルフってしっかり振れる場面って意外と多くはありません。ショットやアプローチ、パッティングでは飛距離を調整する場面ばっかりですよね。

そんなときに思い出してください。

ミスショット、ミスパットを減らしたければ「ヘッドは減速させてはいけません」。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


求人