ゴルフ用語をおさらい!「フォージド」って何だろう?

getty

ゴルフ初心者

ゴルフ用語をおさらい!「フォージド」って何だろう?

0

こんにちは、ライターのとやです!

フォージドは難しい、フォージドは上級者向け、フォージドじゃないと・・・。

なんて聞くこともあるかもしれませんね。

言葉は聞いたことがあるけれど「フォージド」って何でしょうか? あなたは正確に答えられますか?

またフォージドじゃないと“できないあること”だってあるんですよ。

フォージドとはアイアンの作り方のこと!

ウッドやドライバーではフォージドは聞きませんね(フェースだけとか、部分的なフォージドはあります)。

フォージドは、アイアンを作るときの製法のことなんです。

鉄を加工する場合2つの製法があります。

熱した金属を叩きながら形作っていくのが鍛造(たんぞう)。これがフォージド。

溶かした金属を型に流し込んで作るのが鋳造(ちゅうぞう)。“キャスト”とも言います。

この2つです。

上級者が好むフォージドっていうのは、アイアンの作り方のことを指していたんですね。

でも作り方が違うだけでそんなに違いがあるの・・・?

フォージドとそうじゃないアイアンの何が違う?

作り方以外にフォージドとそうじゃないアイアンは何が違うのでしょうか。

それは製法から使える、素材の幅が決まることに違いがあるのです。

鍛造(フォージド)の場合、軟鉄という柔らかい鉄を素材として使うのが一般的。

柔らかい鉄を使いながらも強度を出すことができる製法なんですね。

フォージドの打感が柔らかいと言われるのはそのため。

鋳造の場合、溶かして型に流し込んでしまうので、軟鉄よりももっと硬い金属を使うことができます。

ゴルフクラブでは代表的なのがチタンやステンレスのアイアン。

鋳造は大量生産の技術なので同じものをいくつも作ることができます。

丈夫な素材で大量に安く作ることができるのが鋳造のアイアンです。

初心者向けのセットや安価なアイアンは多くがこちらの製法で作られています。

フォージドが上級者に好まれる理由

「フォージドアイアンは上級者御用達!」と思っているアベレージゴルファーも多いと思います。

上級者に好まれるにはやっぱり理由があるんですよ。

それはフォージドはライ角調整ができるんです(ロフト角も調整できます)。

打感が柔らかいというのも理由の1つですが、クラブをさらに自分に合わせるために、上級者になればなるほどライ角の調整をしています。

逆に年に1、2回程度しかゴルフに行かないよ、という方はライ角調整までしている人を聞いたことがありません。

ゴルフに対する熱の入れようの違いかとは思いますが、自分に合ったクラブを作るためにフォージドが必須になることもあります。

見分け方は簡単、ヘッドに「FORGED」の刻印が

さてさて、ショップでフォージドかそうではないかを見分けるにはどうすればいいんでしょうか。

実はものすごく簡単で、クラブヘッドに「FORGED」という刻印があるかないかで判断することができます。

アイアンのラインナップの中では、“ぶっ飛び系アイアン”は鋳造がほとんどでしょう。そのため通常のアイアンの中から探すことになってくるはず。

アイアンは飛距離じゃない! 自分でボールをコントロールしたい! ライ角を合わせてアイアンを使いたい! という方がフォージドアイアンを選ぶべきです。

とにかく飛距離を出したい人やオートマチックに打ちたい人は鋳造、ライ角の調整が必須だったりアイアンでボールを操りたい人は鍛造(フォージド)。

おのずと上級者に好まれる理由がなんとなくわかる気がしますね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルフ用語をおさらい!「フォージド」って何だろう?

カートに追加されました。


×