ナイスショットの秘訣は、インパクト時の手の高さにあります!

お気に入り
上体を真っすぐにして、剣道の面打ちのように手を頭の上から地面に対して下ろしてきた時の、手の位置と高さを意識しましょう。

両腕を垂らすようにして下ろした時というのは、上体がリラックスしています。

このときの手の高さが一番自然なのです。 

ワッグルができるくらい手元を柔らかくする

ワッグルができるくらい手元を柔らかくする

getty

自然な構えとは、クラブを上から押さえつけるでもなし、意識的にハンドアップしているわけでもありません。

クラブを上から押さえつけると、上半身の前傾が深くなりやすいのです。

横殴りのスイングとなり、方向性が悪くなってしまいます。

ハンドアップし過ぎると、腕をしなやかに使いにくくなってしまいます。

自然な腕のままで、軽くワッグルする人もいれば、しない人もいます。

ワッグルは必ずするべきというものではありませんが、できるくらいに手元を柔らかくしておく必要はあります。

グリップに力が入ると、深い捻転ができない

グリップに力が入ると、深い捻転ができない

getty

アマチュアゴルファーの傾向の1つとして、クラブをガチガチに強く握りしめている人が、とても多いですよね。

すると、両腕の上腕に力が入り、肘、肩が硬くなります。

これでは深い捻りは望めません。

ということは、ミスも出やすくなりますし、上手く当たっても飛ばないということになります。

上手い人ほど手がアドレスの高さに戻る

上手い人ほど手がアドレスの高さに戻る

getty

また、上体に力が入っていると、インパクトで手の位置が高くなります。

トップのミスが出るのは、これが原因なのです。

アドレス時の手の高さでインパクトすることが、ジャストミートのポイントです。

前傾姿勢には個人差がありますが、上手な人ほど手がアドレス時の高さに戻ります。

体を捻りながら手を上げて振り下ろすわけですから、元の高さに戻すには、腕を垂らすようにしてリラックスさせておかなければいけないということです。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >