今の時代のクラブは、レベルブローが正解!

お気に入り
ゴルフの基本は、ドライバーはアッパーブロー、アイアンはダウンブロー!

そう教わってきた人も多いのではないでしょうか。

もちろん、間違ったことではありません。

間違ってはいないのですが……。

道具の進化はめざましく、正しいとか正しくないとかではなく、その必要がなくなってきたというのが正解のような気がします。

そこで今回は、アッパーブローでもダウンブローでもなく、レベルブローのすすめを書いてみたいと思います。

ダウンブロー? アッパーブロー?

アマチュアゴルファーにありがちな、トップやダフリのミス。

それは、過度なアッパーブローやダウンブローによって起こっていることが多いです。

ダウンブローは、芝の上にあるボールに向かって、クラブヘッドが上方から下りてくるスイングです。

ティーアップしていないボールを、かつての高重心のクラブを使って芯で打とうとすると、どうしても上から打ち込むようにスイングしなければいいボールは打てませんでした。

アッパーブローは、ティーアップしているボールをロフトの少ないドライバーやスプーンで打つ時に、少しでも高いボールを打とうと、下からクラブヘッドの上昇軌道で振っていくスイングです。

ダウンブローもアッパーブローも、そのスイング自体が悪いわけではありませんが、たいていの場合、やり過ぎてしまってミスにつながることが多いのです。

レベルブローのメリットとは?

レベルブローのメリットとは?

getty

レベルブローの最大のメリットは、特別なことは何もしなくてもいいということです。

最近の道具は、とても低重心化が進んでいます。

なので、芝の上にあるボールは上から打つ必要がなくなり、ティーアップしているボールはアッパーに打たなくても、ボールが上がるようになりました。

となると、打ち手は何をすればいいかというと、ダウンでもアッパーでもなくできるだけレベル(水平)に振ること、あとはクラブ任せで大丈夫です。

レベルブローの打ち方について

レベルブローの打ち方にはコツがあります。

なるべく、クラブヘッドがボールに向かって水平に近い緩やかな角度で当たり、抜けていくことがポイントとなります。

そのためには、トップの位置をコンパクトにして、なるべくクラブヘッドを低い位置からボールに向かわせることです。

手を使わず、身体の回転を使って、クラブで芝の上を掃くように低く低くを心がけましょう。

コツをつかむまでは大変かもしれませんが、何度もチャレンジすれば徐々に慣れてくるでしょう。

目指すのは緩やかな……

目指すスイングは、ドライバーのようにティーアップしているボールとフェアウェイウッドやアイアンのように地面の上にあるボールで少し異なります。

ティーアップしているボールは、水平に近い緩やかなアッパーブロー。

芝の上にあるボールは、水平に近い緩やかなダウンブローです。

水平に近い角度を目指すので、過度な打ち込み過ぎや、すくい打ちというミスが激減します。

そして、自然とクラブの入射角度が安定してくるので、いつも同じボールが打てるようになり、インパクトも点ではなくゾーンのイメージとなり、ミスの許容範囲が大きくなります。

打ち出し角、弾道高さ、スピン量、飛距離が安定してくるので、当然スコアにも好影響が及びます。


今回は、レベルブローの打ち方やポイントについて紹介をしてきました。

ショットがなかなか安定しないという方は、ぜひレベルブローに挑戦してみてください。

すくい打ちやあおり打ちが矯正できるので、スコアアップが期待できます!


ジェイソン・デイの完璧なスイング ↓
お気に入り
iyori

エンジョイゴルフ主義! 楽しくでも真剣にがもっとうのゴルフ女子です☆

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。