【1人ラウンド】ゴルフ場を1人占めして上達!?

getty

ゴルフ初心者

【1人ラウンド】ゴルフ場を1人占めして上達!?

0

ゴルフ場でも1人でラウンドできるのをご存知ですか?

ゴルフ1組は2名から4名でラウンドするのが一般的です。

常識外れの1人ラウンド。1人ラウンドをやってみるとゴルフ場を独り占めしたような気分になります。

1人ラウンドとは?

よく“1人予約”と“1人ラウンド”を勘違いしている人がいます。

1人予約とは1組に対してひとり一人のゴルファー予約をし、それらの予約を組み合わせることで2名から4名の組を形成する制度です。

以前はゴルフ場のメンバーしか使用することのできない制度でしたが、バリューゴルフをはじめとするウェブ予約の出現によって、1人予約が急速に普及しています。

対して1人ラウンドとは、完全に1人でラウンドすること(ワンバックプレー)を意味します。

1組1人なので同伴者は誰もいません。

プレー代が割高

1人ラウンドを受け付けてくれるのは基本的に平日のみです。

北関東のゴルフ場では、2バック割増が無料となっていることも当たり前ですが、1人でラウンドする場合には、ワンバック割増(相場:約2000円)というプレー代に対する割増料金が発生する場合がほとんどです。

そのため少し割高に感じるかもしれません。

自分との戦い

1人でラウンドしていても、どうしてもいいスコアを出したくなるのがゴルファーの性です。

同伴者と一緒にラウンドしている時は同伴者が自分のスコアもなんとなく把握しているので、打数を誤魔化すことはできませんが、1人ラウンドの場合は誰も見ていないのでスコアを誤魔化すことができてしまします。

同伴者と一緒に回るときよりも自制心が必要になることが実感できます。

練習には最高の環境

本当はマナー違反なのでお大声でおすすめはできませんが、1人ラウンドの場合は1人で2球打ちながらラウンドすることだってできてしまいます。

または繰り返し練習したいシーンがあれば、そこから何球か練習することもできてしまいます。

そのため1人ラウンドは練習には最高の環境です。

ただし1人で複数球使ってプレーすることはマナー違反になるので、後続の組がいる場合などは控えておきましょう。

1人ラウンドは基本的に受け付けてもらえないゴルフ場ばかりです。一部のゴルフ場で1人ラウンドが可能となっています。

1人ラウンドできるゴルフ場を以下のリンク先でご紹介しています(北関東)。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【1人ラウンド】ゴルフ場を1人占めして上達!?

カートに追加されました。


×