短いアプローチほど苦手!“パター打ち”で安定したアプローチをしよう

getty

ゴルフスイング

短いアプローチほど苦手!“パター打ち”で安定したアプローチをしよう

0

せっかくグリーン周りまで来てあとは寄せるだけ、の状態で、20ヤード、30ヤードの短いアプローチをザックリやトップしてパーを逃すなんて経験、ありませんか?

「もったいない!」と悔しく感じるアプローチを改善できれば、スコアが変わっていきますよ!

無理に上げる必要はない

プロのように、短い距離のアプローチをふわっとあげてピン横に落とすなんてことは、多くの練習が必要です。

上げようとする意識で左肩が上がってしまって、結果思ったように打てなかったなんてことも、良くあると思います。

手前にバンカーやクリークなどのハザードがなければ、たった20~30ヤードの距離は、無理に上げる必要はありません。

“パター打ち”で安全に寄せよう

その名の通り、アプローチに使うウェッジで、パターのように打つ打ち方です。

「ただのゴロが出るんじゃ?」と思うかもしれませんが、もともとウェッジにはロフトがありますので、クラブが勝手に球を上げてくれるんです。

このアプローチをする場合、ヘッドのトウ(先部分)にボールがくるように、ヒール(後ろ部分)を少し浮かせるのがポイントです。

距離感は練習が必要ですが、方向性は格段に良くなりますよ。

パター打ちの注意点

この打ち方、簡単ではありますが、やはり注意してほしい点もあります。

ヒールを少し浮かせることがポイントと伝えましたが、まっすぐ構えてヒールを浮かすと、フェースが右を向いてしまいます。

こうなると当然、ボールも右に出てしまいますよね。

私は最初、「こんなにかぶってて大丈夫?」と心配になるくらい、アドレスで見慣れない形をするフェースを不信な目で見ていましたが、ボールはまっすぐに飛んでいきました。

練習して自分の距離感や方向性を見極めよう!

いつもと違うことをして、違和感があるのは当然です。

ゴルフは、同じことを言うのでも十人十色、いろいろな言葉が使われますよね。

芝生の上で打てるアプローチ練習場などで、まずは、自分の距離感や方向性を見極めるよう、練習してみましょう。

いつも使っているウェッジよりも、9番、8番、7番アイアンの方が打ちやすいという人もいるかもしれません。

簡単なアプローチを使えば、実戦でのプレッシャーも減ってくると思いますので、まずは試してみてくださいね!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

短いアプローチほど苦手!“パター打ち”で安定したアプローチをしよう

カートに追加されました。


×