基本的なアプローチ、安全なチップショットをマスターしよう!

getty

ゴルフスイング

基本的なアプローチ、安全なチップショットをマスターしよう!

0

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、基本的なアプローチの方法「チップショット」についてレクチャーさせていただきます。

高く上げるアプローチは失敗しやすい。

アマチュアの方のグリーン周りのアプローチを見ていると、SW(サンドウェッジ)を使ってボールを高く上げようとして、失敗しているのを良く見かけます。

カップの近くで、ピタッと止まるボールはかっこ良く見えますが、非常に難しい打ち方です。

ボールを上げる打ち方は、クラブヘッドがボールに当たる場所が「点」でしかなく、リーディングエッジの入るところが2~3センチズレただけでトップやザックリになってしまいます。

その上、距離や方向にも気を遣いながら打たなくてはなりません。

ショットとしては、成功確率がとても低く難しい打ち方です。

プロでも緊張する場面ではその選択はしません。

それに比べて安全な攻め方や打ち方もあります。

その打ち方は、チップショットと言います。

チップショットは、インパクトを線でとらえる打ち方で、ボールを低く打ち出す方法です。

線で打つショットの利点は少しのミスならそれほどの悪い結果になりにくいのです。

安全な、チップショットの打ち方。

それでは、打ち方を解説させていただきます。

●少しオープンに構えます。

●ボールの位置はスタンス中央か、ボール1個分右です。

●使用クラブはPW(ピッチングウェッジ)か9番アイアンです。

●クラブフェースは、目標に向けます。

●グリップのエンドは男性の場合左足のズボンの折り目を指します。

これでハンドファーストの構えになります、これがインパクトを線でとらえるためには必要な構えです。

●テークバックでは右肘を体から離さないようにして低めにテークバックします。

●打ち方はパターと同じで手首を使いません。パターと同じですからダフリにくくなります。

●インパクトからフォローではフェース面をできるだけ目標に向けて振り抜き、ボール前方10センチは真っすぐ出しヘッドを低く止めます。

ハンドファーストに構えるとダウンブローに打てる。

このチップショットができれば、ダフリやトップのミスを減らせます。

コツは、ハンドファーストの構えにあります。

クラブヘッドの最下点は、構えたグリップの真下になります。

ボールの位置は最下点より右側にありますので、クラブヘッドは、ボールに当たってからも下に向かいます。

リーディングエッジがボールの真横に当たって真横に抜けて行けばトップになりますが、リーディングエッジがボールに当たってからも、下に向かっていればボールがフェースに乗って来ますので、トップになりにくくなります。

つまり、ヘッドが下降(ダウン)しながらボールを打つ(ブロー)のです。

それを「ダウンブロー」と言います。

インパクトを点ではなく線にする、保険の掛かった安全な打ち方です。

安全な打ち方ですので、練習して打てるようになれば、距離感だけに集中できますので、寄せが格段に上手くなり「寄せワン」や「チップイン」を狙えるようになります。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

「河野流で100を切る」という本を書きました。

近日中に発売予定です。よろしくお願いいたします。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

基本的なアプローチ、安全なチップショットをマスターしよう!

カートに追加されました。


×