アプローチの基本はランニングと言うけれど……臨機応変に攻めよう!

お気に入り
アプローチショットは転がし(ランニングアプローチ)が基本といいますよね。

一番簡単でミスの確率が少ないというのが、その理由です。

ところが、8番アイアンや9番アイアンなどを使って転がしてはみるものの、なかなか距離感が出ないという人も多いのではないでしょうか。

フワリと上げるアプローチに憧れもあるでしょうし……。

自信があるのなら、上げて寄せてもいい

自信があるのなら、上げて寄せてもいい

getty

アプローチショットでは、まずライを見て、転がしができるかを考えるのがセオリーとされます。

それは最もミスを防げる選択肢だからです。

特に冬の薄い芝のライなどでは、ベターな選択肢といえます。

しかし、そんなライでも上手く打てる自信があるのなら、またはもっと打ちやすいライならば、上げる寄せ方のほうが得意で距離感が出しやすいという、その感覚を利用したほうがいいでしょう。

寄せるイメージが出しやすい弾道を選ぶ

寄せるイメージが出しやすい弾道を選ぶ

getty

グリーンエッジまで距離があるけど、エッジからピンまでの距離が短い時、途中にマウンドがある時などは、上げたほうが寄せるイメージが出ます。

反対に、エッジまで近かったり、距離があっても平らな花道となっているなら、転がしのほうが距離感は出しやすいでしょう。

手でボールを放るイメージで確認する

手でボールを放るイメージで確認する

getty

アプローチをするその場で、手でボールを放るイメージで、転がすか上げるか、どちらが距離を合わせやすいのか確かめてみましょう。

そして、そのイメージに合わせた打ち方、寄せ方を選べば成功率は高くなることでしょう。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516